新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国は、自らの主張を否定する米国ブロックが形成されるのを恐れています。米国や英国、オーストラリアが、南シナ海における領土問題に関して東南アジア諸国側を支持していると考えれば、東南アジア諸国は意を強くして、中国への対抗姿勢を強めるでしょう。中国の主張に反対する国が増えれば、中国は、国際社会においても不利な立場に置かれることになります。
今、中国が恐れているのは、日本が米国ブロックに入ることです。防衛省は、南シナ海における米国やオーストラリア等との共同演習を計画するばかりでなく、東南アジア諸国に対する安全保障協力を強化しようとしています。
これまで、中国との決定的な対立を回避して、中国が危機に陥った時には手を差し伸べてきた日本が米国ブロックに入れば、国際社会において中国が頼れる有力な国を失うことになるからです。
中国は、すでにオーストラリアに対して経済制裁をかけ始めています。今後、日本に対しても、尖閣諸島への圧力や経済制裁をちらつかせて、けん制を強めると考えられます。