新着Pick
174Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「海洋分解性プラスチック100%のレジ袋」はレジ袋有料化制度の対象外で需要増が見込まれるということもあり、最近開発が目立ちますね。
海洋分解性プラスチックには、生物資源が由来のバイオマスプラスチックと、石油由来のものがありますが、本記事の海洋分解性レジ袋は植物由来の原料を使っているようですので、焼却してもCO2の総排出量を抑えられるというメリットもあります。

一方で、コストが割高だというほかに、海洋分解性・生分解性プラスチックには課題があります。例えば通常のプラスチックのリサイクル工程に混入すると、リサイクルの質を落とす可能性があることに注意が必要です。そして既存のリサイクルフローへの混入対策は、今あまり実効的ではありません。

令和元年に経済産業省より公表された「海洋生分解性プラスチック開発・導入普及ロードマップ」では、「汎用プラスチックと生分解性プラスチックを分別して回収するための生分解性プラスチックに関する表示を整備し、分別回収を可能とするとともに、分離回収技術の開発も検討する必要がある」と示されていますが、最近のこれらの素材の普及ペースに対策が追い付いていない印象です。
リサイクル業者も危機感に乏しく、「海洋分解性・生分解性プラが大量に混入して来たら困る。選別技術は持っていないが、技術開発の予定は今のところない。」といったところが多いイメージです。

回収体制・分別技術が整っていないうちに海洋分解性・生分解性プラスチックを一気に普及をさせることについては、少し警戒したほうが良いように思います。
一方でこの技術は回収・リサイクルシステムが整っておらずにレジ袋が散乱しているような国や地域にとっては特に、環境中のプラスチック流出に対して有効に機能する可能性がありますので、技術開発自体を否定するものではありません。
ダイビングをしていた頃に海中のゴミ拾いをすることもがありましたがビニールのゴミは多かったです。
最近ではコロナの影響もあってデリバリー用のビニール袋やお弁当に加えてパンなどの今まで包装されていなかったものまでフィルムで包装される様になったりして世界中で消費量も増えているとも言われています。使わないに越したことはないのですが、どうしてもビニールを使う必要がある時にはこういった素材を利用することで消費者の環境意識に訴える形でコストを上乗せしてカバーできる状況になればベストだと思います。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2ccd8b04e5e73475a33293afc9f085711c69352e

https://newswitch.jp/p/22696
松沢優希さんのコメントにありますが、新素材が出ると既存のリサイクル工程への影響がありますね。
紙も同様です。
それによって新素材開発が否定されるものではありませんが、開発だけでなく、回収と処理までトータルでコーディネイトできることが重要です。
それができれば、普及に勢いがつきます。
カネカが作っているPHBHもそうだが「海中でも分解出来る」であって、海中で分解されることが前提ではない。あくまでももし流出してしまっても大丈夫ということで、海にポイポイ捨てていいわけじゃないからね。
化繊の衣類も生分解性になっていくのかな?
Patagoniaですら行なっていないけど
三菱ケミカルが名古屋市の包装資材メーカーと共同で開発したという海で分解されるというゴミ袋。まだ価格が高いようですが、もう少しお値段抑えられたら広く使われる気がします。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア