新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
少し上から俯瞰する位置から人を見分けるのは良いですね.ドローンの人回避に使えるかもしれません.NEDOのプロジェクトで産総研と共同で研究していますが,データを集めて処理させるのが手間がかかる.同じような学習をバラバラに行うのは無駄のような気がします.例えば,このLightblue Technologyはそれらをパッケージとして提供している.それを買ってくれば良い.
要はニューラルネットワークのパラメータセットなのです.それを売り買い,取引するビジネスが成長しそう.良いパラメータセットには高い値段で取引される.車の自動運転ソフトウェアもプログラム自体は驚くぐらいに短く,要はパラメータセットで善し悪しが決まる.パラメータセットの市場が生まれそう.
さらに進むと,人を見分けるニューラルネットワークのソフトウェアとパラメータセットは世界に一つ二つあれば十分なはずで,出来上がった市場は急速に溶けてなくなるかもしれない.
「コンパクトで安価な単眼カメラだが、高価なステレオカメラ並みの距離推定精度を確保した。」

精度とコスト、どこまでを求めるかです。ただ、ステレオカメラが高価かと言われるとそんなこともないと思います。また、単眼カメラで距離を推定するのは無理とは言わないけども絶対にステレオカメラのほうが精度や安定性はあります。もしくは奥行きカメラでもよい。むしろカメラの価格よりも処理のための計算機のコストと電力量のほうが気になります。
すばらしい技術活用の取り組みだと思います。

この例でわかるように、最先端の技術にこだわらずとも、一般的に普及しているレベルの技術でも、かなりのソリューションを実現できます。

つまり、これまでの時代のように「技術がないのでできない」という時代ではなく、「どのように活用し、実践するか」が勝負の時代となったということです。

「やればできる」時代なのですが、「やる(実行する)チカラ」が、組織と個人に求められています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
清水建設とコマツがリードしている感がありますね。
清水建設株式会社(しみずけんせつ)は、東京都中央区京橋に本社を置く、大手総合建設会社(ゼネコン)。 ウィキペディア
時価総額
5,859 億円

業績