新着Pick
975Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
DeepLはとても優秀だと思いますが、まだ完璧なツールではありません。使い手の判断がまだまだ必要です。そして"正しい"翻訳を望むなら、正しい日本語を入力する必要もあります。
個人的には記事や長い文章を翻訳するのに、ざっと感覚を掴むために使うのにはとても便利だなと思っています。ツールなのでどう活用するか、ですね。
「「高塚川周辺に避難勧告が出ました」という文が、「高塚川周辺に避難してください」と読める文になって配信されたのだ。」

これは日本語の構造の問題という気がします。
 高塚川周辺に避難勧告が出されました。
 XX市は高塚川周辺に避難勧告を出しました。
と主語を明確にすれば翻訳はうまくいく気がします。

最近、結構な量の日本語を英語にしなくてはいけなくて0から翻訳する時間も体力もなかったのでDeepLを利用しました。体感的には7-8割はそのままいけるけど、残りの2-3割はやはり修正や書き直しが必要でした。それでも、すごく助かりました。

いつもNP内で発言しているように、計算機が高性能になったからといって算数・数学が不要にはならないのと同じ様にAIによる自動翻訳がどれだけ賢くなっても地の英語力は必要だと思います。
まあでも英語の長文を読むときにはめっちゃ重宝してます。脳内変換でほぼ100%大丈夫。
英日翻訳においては、個人的には「ありえないミス」のほうが「きわどいミス」よりありがたい。
前提としては、両方の言語が一定でき、そして最後にチェックをすること。きわどいミスより、ありえないミスのほうが見つけやすい。ただ、逆に自分が知らない言語の場合は少し怖い部分もあるので、どういう場面で使うかというのは注意が必要というのがわかりやすい。シリアスな場面は要注意。
誤訳や奇妙な英訳になるケースは大概日本語が雑である気がします。主語がなかったり、変な言い回しだったり。日本語を流暢な文章(+できれば短い文)に修正すれば、使える英語に様変わりします。
Google の様に、資金やデータを圧倒的な量で
持っている会社に、僅かにな人数のベンチャーが
勝つと言う事実は、興味深い。

用意出来るデータは、負けているとDeepLは
言っており、数学とニューラルネットワークの
差と言う事である。改めて、我々にもチャンス
が有る事を感じた。

使う人に課金するビジネスモデルも、
かえって自信を感じる。

翻訳自体よりも、意味を理解しているかに
興味が有る。我々としては、翻訳そのものより
知識としての学習を重視している。
DeepLは頭ひとつ抜けたな、という印象。論文などの長文をざっと読みたいときに重宝してます。日本語から英語の場合は主語述語などの構造を意識すれば、かなりのレベルで正しい英訳が出ます。気をつける点は、DeepLが理解できない部分はマルッと省略するクセがあるところ。一見正しそうでも重要な部分が抜け落ちてないかはよく確認したほうがいいです。
ものすごい便利なので使っていますが、課金したDeep L Proじゃないとサーバーに情報が送信・保管され、翻訳制度向上のために使われることがプライバシーポリシーに明記されているので秘密情報等は絶対に入れないように気をつけています。(もちろん、無料で使う以上、Deep Lの精度向上のための学習用データを提供するというのは皆さんご理解されているものと思いますし、それ自体に問題はないと思っています。プラポリも非常に丁寧な記載になっています。)

https://www.deepl.com/ja/privacy/
日本語から英語のときに、訳の候補を選べるのも良いんですよね。翻訳後の単語をクリックすると、可能性のあるバリエーションをいくつか提示してくれるので、ちょっとこの単語だとニュアンス違うかなとか、論文の下書きで主語をweにしたいときとか便利です。
とはいえ、勘違い系の訳も確かにあるので、そのときは日本語を正しくするとか、自分でそこは書くとか、やはり人の手は入る必要があります。
これとGrammarlyを使えばかなり英語の文章は整う感じがしてます
日本語は、もともと文法的に曖昧さがあふれる言語なので、翻訳の難易度は最高だと思います。

DeepLを使ってみればわかりますが、揚げ足取りレベルで指摘はできますが、全体としては、秀逸な翻訳結果が得られます。

冒頭に書いたように、日本語は曖昧なので、日本語→英語の翻訳は、少し苦手という感じも受けますが、英語→日本語の精度は、すばらしいです。

日本だと「完璧ではない!」とネガティブな記事が多いのですが、日本以外の視点でみると「ほぼ問題なく使える(=使える分だけフル活用)」という印象が多いです。

百聞は一見に如かず...無料で使えるので、一度、ご自身でDeepLを使ってみると、そのすばらしさを体験できると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません