新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヒューストンや、下記の成都の米領事館含めて、大使館・領事館をめぐる緊張感が高まっている。
https://newspicks.com/news/5095464
スパイ映画のような緊迫したシーンが目に浮かびます
これまでの米中で経済的・政治的摩擦があったときも
トランプや共和党は中国に甘いから必ず裏で手を回して・・・だから完全に対立することはない、と言う専門家の意見もありましたが
完全に米国は本気ですね
1982年、日米貿易摩擦の時代にIBMスパイ事件が発生しています。米国は日本を覇権を脅かす敵とみなし、独自OS路線となる可能性のあったトロンを断念に追い込みました。米中関係は、10-20年は続く覇権争いの文脈で理解すべきです。最近の緊張の高まりは、先月のハワイでのボンペオ国務長官・ヨウケッチ外交部長の会談決裂を受けたもので、次は防衛長官レベルでの会談が模索され始めています。
これおそらく本丸というよりは牽制球なんだろうから米国の大学の研究室とかにいたら「ワンさんはご家庭の事情で帰国しました」みたいな事例がわんさかありそう、