新着Pick
17Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
持続性には疑問が残るとしても結果自体は良い数字ですし、特に製造業の回復の強さは印象的です。

復興基金も何とか合意しただけに、国際金融市場では、特に米国との相対感でのユーロへのポジティブな見方が強まることが予想されるほか、ECB内でも、PEPPに代表される大規模な金融緩和について「そこまでやる必要はある?」という意見が一層力を持つ可能性があります。

その意味では、ECBにとって歓迎すべき事態である一方で、悩ましい面もあります。
新型コロナウイルスが抑制されていること、欧州復興基金の合意、そして経済指標の回復など、欧州のポジティブな状況が目立つが、それに伴うユーロ高が今度は、欧州景気にブレーキとなりそう。