新着Pick

人の話を「理解できる人」と「できない人」の差

東洋経済オンライン
コミュニケーションは双方向、自分が何を言うかも大切ですが、相手が何を言っているのかを正確に理解することもとても重要です。コミュニケーションが苦手という人は、実は相手が言っていることをきちんと聞くこと…
391Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
議論は、人格を否定し合うものではない。

まずこの当たり前のことを理解して、心穏やかに臨みましょう。

そして、論点と意見を整理しながら、冷静かつロジカルに議論する。論点に関して共通認識があれば、意見は人それぞれでOK。
「事実」と「意見」と「推論」を区別する事から始めましょう。

私がセミナーで出す例題です。
担任の先生からの以下の指摘に論理で反論しなさい。
「君はバスケットボール部に入っているから、成績が悪い。これでは志望校に合格出来ないからバスケットボール部を辞めること」
この中で、「事実」は一つしかありません。他は、「意見」と「推論」です。
理不尽な要求は、前提を疑えば解決出来る事が多いですよ。

これまでで最高に面白かった回答は「私はバスケットボールを続けてNBAにゆくので、成績が悪い事を気にしません」
です^_^
表層的な問題の議論が誤解誤認を生む。議論の前に、論点の整理が必要である。簡単であるが、以下のキーワードに答えられるようになると、問題の本質=根源的な問題が明らかになる。そのキーワードは、"モン・ゲン・カイ"。

モン=そもそも問題なのか?なんで?誰が困っているの?
ゲン=原因は何なの?本当にそれが起因しているの?
カイ=解決できる?解決したら何が良くなるの?誰が嬉しい?

その上で、一人ひとりの知恵を掛け合わせて、問題解決に繋がる時間を楽しみたい。その時間がお互いの思考の違いを理解する時間になるし、自身の見えていなかった領域が明確になる。事象の捉え方次第で問題の受け取り方は変わるもの…。問題の本質を見極めるのに、他者の力を借りることは有意性があると思う。どう向き合うか考えたいですね。
確かに、これもありますが、それ以前に「人間同士の関係性」だと思っています。

つまり「聴く気がない」関係では、何をどう説明しても、理解されません。

逆に「聴かなくても大丈夫」な関係では、説明する必要性すらありません。

これまで「理解してもらおう」という努力をしても、全く効果がなかった時は前者の場合です。

そう考えると、「理解してもらう」活動も大事ですが、それより大事なのは「聴かなくても大丈夫な関係を構築する」活動ではないかと気づきました。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
コミュニケーションの本質は複数人の間での情報のやり取りではなく、メッセージを共有することです。そのためには互いの共通認識が大切で、もっとも重要な共通認識は言語と文化。
コミュニケーションは発信者と受信者がいて、メッセージを共有するプロセスにおいてはどちらも重要だから難しい。聞く力を鍛えても発信者に発信するスキルがなければコミュニケーションは難しい。逆も然り。、
人の話を理解できる人は、
人の話を「聴いたり訊いたり」する人
人の話を理解できない人は
人の話を「聞いている」人
論点の明確化は大切。

議論で大切な事はお互いの主張を述べる事。その中で同意出来ない部分も理解する事。
書いてあることはごもっともなんですけど、話し合いの場において「理解できない人」が大半を占めている場合、どうしたら良いのかわからず悩んでいます…。
話し手の発言内容をそのまま捉えるのではなく、どのような論点に対するどのような意見で構成されているのかを理解しようと試みてください。発言を聞きながら、同時にその発言を構造的に捉えることは、難易度が高い取り組みです。
→話しての発言が構造的であればという前提な気がしつつ、結局質問や、確認を行うことで構造的にしていくと。
個人的には人の話を「最後まで遮る事なく」聞けるか聞けないか、だと思ってます。

あとはセンス、ですかね。