新着Pick
113Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
beforeコロナから、限られた時間の中でタスクの優先順位付けや成果の可視化をうまくやりながら時間生産性高く働いていた人は、在宅勤務になってもスムーズに移行ができている一方、今までオフィスに長い時間いるけれども「頑張っている雰囲気」で評価されていた人は在宅勤務の流れにイマイチ乗り切れていない印象があります。
これからは働き方だけでなく、評価のされ方も大きく変わりそうですね。
仕事の予定と言うと来る来ない、有休、遅刻早退、中抜け、会議の予定など身体の移動の予定が帰ってくるが、テレワーク時代の仕事の予定は今日これを午後でやりきる、しあげる、優先順位を変えますなどタスクベースでがいい。身体の時間拘束を解いた瞬間に見えた『身体は移動しているがなにもやっていない時間』テレワークの功はここが見えるように、自覚できるようになること。
さすが小室さん、よいポイントをわかり易く伝えられていますね。

一般的には「テレワークでは、お互いが見えづらくなる」と言われていますが、逆に「家庭の事情が透けてみえる」という言い方もあるのです。

米国だと、子供や、犬、その他、いろいろなことを「普通に隠さない」ので、画面の向こうにいる人たちも、それを理解できて、しかもそういったことに寛容です。

日本だと、まずは「見せないようにする」でしょうし、そういったシーンが見えると「ちょっと嫌な顔をしてしまう」人たちも多いことが課題かもしれません。

いずれにしても、小室さんの言われるように考えれば「かえって、お互いの事情を理解できる」ということがポイントですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
在宅ワークをしていた時期は就業時間帯に何をやるか予め記録しておき、クリアしたら○をつける形で効率的に仕事をこなしていました。会議、電話などのバイアスもある程度入りましたが許容範囲内で通勤時間もなく快適な毎日でした。
今は毎日出社に戻っていますが、人とのインタラクションが多いせいか計画的、予定通りに仕事を終えるのはなかなか難しいです。そもそもの課題として職場の負荷管理は非常に難しく、特定の人に業務が偏る、往々にして重要度が低い仕事が多い、などといった課題をマネジメント層がきちんと認識すべきと思います。
ただ無目的にだらだらと長時間在社している人ばかりでなく、やむなくそういう状況に置かれている人もいることを認識、理解する社会でありたい。
うちの場合は、Weekly のミーティングと朝礼、可能であればカレンダーにタスクを記載することでみえる化を進めています。社内はメール禁止。
関連記事一覧
テレワークしている人、していない人 時間の価値にどのような違い?
ITmedia ビジネスオンライン
590Picks

テレワークだからこそできる、正しい情報を見抜いて仕事に生かす2つの視点とは
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
73Picks

隠れ「働かないおじさん」がテレワーク強制で次々あぶり出された理由 - 有料記事限定公開
Diamond Online
38Picks

テレワークでも心理的安全の高いチームをつくるマネジメント手法の転換が必要
GLOBIS知見録 最新記事
25Picks

テレワーク長期化で浮上する「孤独ストレス」マネジメント…リモート万歳の次にくる「不安」と戦う
Business Insider Japan
15Picks

「上司の顔色伺い」は激減? テレワークでは通用しない“働かないおじさん”
ITmedia ビジネスオンライン
7Picks

【地方創生】コロナショック後の労働環境の変化 ~離れた場所からでもテレワークで地方にも仕事を~
バラエティー仕事スタイルステーション
7Picks

中国ではホワイトカラーの約8割がテレワークに対応 海外で進む働き方の変化
ログミー
4Picks

テレワーク・リモートワークの必需品まとめ【作業環境を強化して生産性UPしよう】
インフラボ
2Picks

「黒いメール」では伝わらない…! 読みやすいメールを書く「3つの意外なコツ」(吉田 幸弘) @moneygendai
マネー現代
1Pick