新着Pick
446Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
若いうちはとにかくチャレンジ!は完全同意です。
「身体が動く20代、30代のうちに、そうした安全志向の人が引き受けなさそうな仕事をあえて引き受け、失敗覚悟で挑戦」のリスクを取った人だけにチャンスが訪れます。そういう動きは、たとえ失敗したとしても必ず見ている上司がいると思います。
万一、3回ぐらい本当にチャレンジしても、見ている上司が全く居ないような会社だったら転職も考えるほうがいいかも。
チャームを持っているリーダー、多くありません。
それは、いまのリーダー研修に課題があるのではないでしょうか。
ダイバーシティ研修やハラスメント研修ばかりやっている印象があります。
それも大事ですが、今の日本には、もっと本質的なリーダー研修が必要なのではないでしょうか。
確かに日本企業の場合、失敗は許されないというか、失敗すると上に行く道が絶たれます。そういう意味では、リーダーシップには度胸が必要だと思います。

「この会社を首になっても俺は生きていける」

という、自信というか覚悟がないと、皆が一目置くようなリーダーシップを発揮できないと思います。
共感します。やりたい仕事を掴むには、仕事を選ばずに結果を出す事で信頼を獲得することが必要。
大企業では失敗は基本的に許されないので、仕事を選ばずに挑戦する事と同時に、失敗しないよう入念な準備が必須。

そして、以下、勉強になります。
仕事で測れないチャーム(魅力)を持て
仕事そのもので見せる、引きつけるリーダーシップと『この人についていきたい』と惹きつけるリーダーシップは本当にイーブンだと思う。チャームを第三者視点で気付かせてもらい自覚して磨き上げることをやれば、一方のウィークポイントも素直に目を向けやすい、
自分のチャームはなかなか自分では分からない。でもリーダーに限らず仕事人にとっては大変重要な要素。

“地震発生後、ある大企業で全員に帰宅命令が出ました。すると若手社員が「一緒に帰りましょう」と先輩社員に声をかけ始めたというのです。
興味深いことに、このとき多くの人から声がかかった順番は、「仕事ができる」と評価されていた順番とは、全く違ったそうです。”
最終的には自分のリーダーシップが発揮出来る組織や会社を作るのがベストですね。

その為にも若い頃からどんどんリスクテイクして、自分のリーダーシップ力を磨く。私は失敗しても、成功も多い「得失点差で勝つ」タイプを目指してました。

そうしていれば確かに自分なりの未来が作れるようになるし、戦時に強くなる。そして、挫折も多い分人に優しくなれるし、仕事は一人でするものでも、成し遂げるものではない事に気づかされます。

人間最後はどういうWillとAttitudeで生きていきたいかに、人が集まる。企業名や役職で人が集まると思わない方が良い。

人間力が強いリーダーのもとに成功と人、そして笑顔が集まると思います。

そう言う人がこれからますます求められる時代ですね。
「リーダーシップのジレンマ」とは、ときに組織が求めるリーダーシップと、自分が得意とするリーダーシップが異なること。
マイケル・ジョーダンとシカゴブルズを描いた「THE LAST DANCE」を思い出しながら、読みました。

うなづきながら読みましたが、「仕事の実績では測りにくい要素」に人が集まる時代というのもそのとおりですね。
本も読みます。
不確実性の高い外部環境下でのリーダーシップに求められるのは、率先垂範型ではなく、他者活用型とでも言うか、自分も解を持たない中で考えて行動するリーダー像なんだと、改めて感じました。
リーダーシップにチャームが必要とは、セルフリーダーシップが提唱されている現在に極めて必要な要素ですね。なぜならチームは2人以上でチームは成り立つから、フォロワーがいないと成り立たないですよね。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。
ボストン コンサルティング グループ (Boston Consulting Group) は、1963年にブルース・ヘンダーソンやジェイムズ・アベグレンらによって設立された、アメリカ合衆国に本社を置くコンサルティング会社である。略称はBCG。 ウィキペディア