新着Pick
256Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
儲け主義のアメリカンとユナイテッド、安全主義のデルタとサウスという構図。

後者は財務的に余裕があったとの分析はそのとおりですが、とはいっても、2-3年は元には戻らない、識者によっては10年経っても元には戻らないと言われている航空業界にあって、両者の財務的な優劣の差は、もはや”誤差の範囲”でしかありません。

結局のところ、座席を間引くどうかの姿勢は「◯◯主義」と表現されるような会社の「理念」によるのだと思います。

オリエンタルランドがクローズしたり定員に余裕を持たせるのは、彼らがもっとも大切にしている哲学が「顧客の安全」だからです。夢を与えるとかファンタジーな世界を提供するとか、そのような甘ったるい理念ではありません。
「ユナイテッドとアメリカンは、デルタとサウスウエストに感謝していることでしょう。彼らが空の旅に対する社会の信頼を回復してくれている間に、自分たちは利益を追求することができるのですから」というコメントにはゾッとしました。ユナイティッドとアメリカンがもしそう考えているとしたら、長期的に苦しむことになるでしょう。顧客離れが確実に起きる。エアラインはリピーターの育成で収益を拡大できる。

いま消費者は自分の身の安全をケアしてくれるサービスを求めている。不安を煽るサービスは一度使ったら、2度と使わない。決済というほんの数秒の間でも、安全性を求めている。現金より、カード。カードの中でも人や決済端末に触れない非接触決済の利用が急上昇しています。

ましてやそれが何時間にもなる空の旅となれば、より敏感になります。
一番大事ことは、飛行機に乗ることのリスクはどのくらいあるのか?科学的な根拠に基づくリスク分析が示されることだと思います。

新型コロナの感染拡大が懸念され始めた今年の春の段階では、飛行機は窓の開かない電車などの地上の公共交通機関よりリスクが低いとされていた、と記憶しています。基準で求められる換気が感染予防に非常に効果的なのだと。

個人的には、長距離の国内移動が緊急事態宣言で抑えられたのと、日本国外の状況があまりに悪化したのと、そもそも各国で渡航制限(検疫を含む)があるので、国内海外問わず出張はほぼ皆無になり、結果的に飛行機に乗るニーズ自体が消えた状況にありますが、上記の換気についての説明があまりに印象的だったので、ニーズさえあれば飛行機に乗ること自体は、別に特別忌避すべきことではない、と思っています。

その前提がいつの間に変わったのだろうか?というのがこの記事を読んでの、なんとなくもやもやした疑問です。
もちろん、マスクはする、体調が悪ければ乗らない、大声を出さない、その他今まで以上にセルフコントロールをしっかりする、そのために酔っ払うほどのアルコール摂取をしない、国をまたぐ長距離移動(移動中の就寝を前提とする)などの場合は特に無防備になる可能性もあるので用心する(それはこれから考えます)、などは前提です。

その上で、何がどのくらいリスクを上げ、どうすればそのリスクは下げられるのか?そのリスクは、外食や散歩や、隣席を空けて映画鑑賞をする事や、銭湯やスポーツクラブに行くことと比べて高いのか?同じくらいなのか?低いのか?
その情報が、信頼できる主体から出される事が大事なのではないでしょうか?

記事中にある「客室乗務員もしょっちゅうマスクを外しては、顔の周りにぶら下げたままにしていました」というケースはもちろん論外で反省すべきですが、科学的裏付けなく「儲け主義 vs. 安全主義」みたいな単純化した議論を行なうのにはちょっと違和感を感じます。
一種、強烈な社会実験だと思う。
座席間隔を開けることは、安心を提供する一方で価格にも跳ね返る(今が同課はわからないが、長期的には必ずそうなる)。トレードオフのなかで、消費者がどっちを選ぶか。
飛行機は、HEPAフィルター使ったり、密室ではあっても空気のキレイさという点では元々かなり優れている。一方で、今の状態だったら、マスクがちゃんと着用されてたり、ソーシャルディスタンシングされているほうが、誰しも安心する。快適さとか安全はロジックだけではないし、どう捉えるかという点で1%の改善しかないものに10%コスト上乗せしても受け入れられることがある世界。
まず大前提として、航空機内でのコロナ集団感染という例は現時点で報告がなく、かつ国際基準でもマスクの適切な着用と手指の頻繁な消毒、空港での検温といった対策をとれば座席の間隔を必ずしも広くとる必要はないとされているということがあります。

この上で、航空会社は乗客に対しマスクの着用をほぼ義務化している状況です。マスクに対し抵抗のあるアメリカ社会でも義務化するくらいですから、決して「コロナはただの風邪」というような考え方で儲け主義に走っているわけではありません。

つまり、国際基準で求められるような対策はおよそとったうえで、さらに座席を空けるかどうかという状況にあるわけです。座席を空けたほうが安心だということで乗客が集まってくる効果を狙うか、それとも赤字額を最小とするために運航する便については満席までの詰込みを狙うか、という企業戦略の違いにすぎません。そしてそれは容易に変更することができます。企業の価値観に本質的な違いがあるわけではないと思います。

ちなみに日本では、6月以降は一定の需要が伸びてきたこともあり、座席の間隔は必ずしも空けられず、満席近くなることもあるとして運用しています。日本の場合には業界団体を中心に各社横並びでの対応となっています。
新型コロナウィルスの影響を一番深刻に受けている産業のひとつが航空業界ですよね。

元々の固定費が高いので、少ない搭乗客で運行しても、欠航して運行しなくても、巨額の費用ロスが発生します。

二極化...と書かれていますが、そんなことはなく、どこも「生き残る道を模索」しているという意味では同列ではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
「ユナイテッド航空は、これまで一度も乗客数に制限を設けたことがなく、需要がある限りすべての空席を売り尽くそうとしている。
 アメリカン航空は、4月以来、乗客数の上限を座席数の85%に設定していたが、7月1日以降はこの制限を撤廃している。
 これに相対するのは、アラスカ航空、デルタ航空、サウスウエスト航空といった布陣だ。以上の航空会社は、列の中央の席や、隣り合った座席の片方をブロックする方針を、9月30日まで継続する。
 ジェットブルー航空も、中央席の販売停止期間をレイバー・デー(9月の第1月曜日)まで延長したばかりだ。」