新着Pick
179Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
LINEの親会社の韓国Naverが、国家安全維持法が施行された香港のデータバックアップセンターをシンガポールに移転したとの記事。さすがに韓国のIT産業は先を読んでおり、決断が速い。国家安全維持法施行のあと、IT企業は中国政府から香港に設置しているサーバーのアクセス権を要求されたり、差し押さえ、検閲などが行われる可能性があるとの話。韓国Naverに続くIT企業が出てくるだろう。韓国、中国、シンガポールといった国家は、情報を牛耳る国家が世界を支配することを知っているから決断が速い。文在寅政権が習近平政権との戦略的友好関係を重視しているといっても、韓国IT企業の戦略は国境を超えたところで勝負していることがわかる。
富裕層の資金だけでなく、データについても香港からシンガポールに移管していくのかな。チャンギを中心にASEANのハブとして地理的な優位さを活かして経済発展してきたシンガポールがセーフヘイブン的な価値での成長に移行してきそう #シンガポール
それより個人的にはKCIAなんですけどね。。。
さすが アクションが早い。 シンガポールば国をあげて事業や、このような動きばすでに起こ技術を優遇する政策を推し進めているのでこのような動きは 加速するとだろう。
既に中国のファイアーウォール、検閲と逮捕の仕組みは実行可能な法律と物理的手段が揃っており、リスクは顕在化しています。そこにサーバが置かれていれば、怪しい情報の強制開示を沢山求められていたでしょう、それが海外の人の書き込みだとしても。これはとてもリスク有りです。全てローカルに従う方針でもない限り、退避が妥当。
中国に法人がない企業は中国本土にサーバーを置けないため、サイト速度を高速にキープするために、香港に置くかCDNサービスを利用することが多いと思います。

今回はデータベースの話ですが、ウェブサーバーについても香港からの移管が進むでしょうね。
以前から香港のSIMを使えば、中国のファイアウォールを出来てたけど、近いうちにそれも完全に組み込まれそうだなー
NAVERは、バックアップ用サーバーを、アジアだけに置いているのですかね?
→初めて知りました。
アジアにだけ置いていたことが意外でした。
韓国企業なので、当然の判断だと思います。香港のGFWを使っているネットワークプロバイダーもおそらく撤退する可能性が高そう。
こういった流れは続くと思う。

業績