新着Pick
41Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もうこれは古典的な議論です。

僕は昔、メガバンクの企画部でファイヤーウォール撤廃を主張する立場でしたが、今の僕の立場は、真逆方向ではっきりしています。特に商業銀行が歴史的に強い企業支配力を持つ日本では、ファイヤーウォールの撤廃は消費者利益を損なうので反対です。同様に商業銀行がPEや資産運用会社を直接間接に経験するのも利益相反があり反対です。

米国では、ポルカールールの緩和とセットで銀証分離のグラス・スティーガル法の復活が議論されてきた経緯にあります。
https://newspicks.com/news/2015113/

だけど自民党もメガバンクから巨額の借入をしていて、要は銀行支配下にあるから、言われると弱いわけですよ。これこそ優越的地位の濫用です。
米国でも、商業銀行と証券会社の業務を分離する「グラススティーガル法」の復活が検討されているように、日本で銀行と証券の壁を撤廃するのは危険性が高いような気がします。

顧客のお金の流れを把握している銀行が、今やバンバン投資信託を販売しているのも・・・とりわけ高齢者の個人顧客がカモにされているような気がします。

個人顧客保護のためには、安易に業際の垣根を下げない方が好ましいでしょう。
事業をやってると、銀行・証券の壁はあったほうがいい。
意味のない金融商品に付き合わされるリスクがありますので。

一方、一般的な個人であれば、ネット銀行+ネット証券の組み合わせがベスト。
誰にも邪魔されず、低コストのインデックスファンドをつみたてNISAとかで長期・積立・分散投資してればいいので。

株式投資したくなっても、資金の移動は瞬時にできますので、ネット銀行以外の銀行を使うメリットはほぼないと言っていいでしょう。

あと、住宅ローンもネット銀行が圧倒的に有利です。