新着Pick
65Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NHKが以前行った五輪スポンサー企業へのアンケート調査をでは、65%の企業が「未定」と回答し、契約延長は12%にとどまっているとのことです。五輪スポンサー企業といっても、協賛金が約200億円から10億円前後まで様々ですが、このコロナ禍の視界不良の中、いずれにせよポンと追加のお金を出せるものではありません。これまでの契約は、戦争や大災害で中止になった時は想定していますが、パンデミックは想定していないと聞いています。しかし、現状で追加拠出を求めるなら、コロナで中止の際の返金をきちんと位置づけないと企業は動けないと思われます。画期的ワクチンが想定外の速さで完成し、有り得ないほどの量産体制をすぐに整える以外、五輪の開催は厳しいと思われる現状です。世界はまだパンデミックの真っ最中で、まだピークが見えません。厳しいです。
やはり、これは政府と東京都、それにIOCが一枚岩になって、オリンピックをどういう形で開催するか、そのためにどんな手を打つか、具体的なビジョンを示す必要があるでしょう。それがなければ、追加拠出が既に合意したものと比べてどのくらいになるかにもよるが、民間企業としては株主に支出を説明できなくなる。
追加に応じてオリパラがキャンセルされたら株主代表訴訟かね。

https://newspicks.com/news/5072583?ref=user_527032

既に契約されているスポンサー料は払うだろうが、更なる拠出は拒否続出だろう。とこが降りるか書こうか?
東京五輪の延期に伴い、大会組織委員会がスポンサー契約を結ぶ企業に対し協賛金の追加拠出の要請を始めたそうです。