新着Pick
225Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
遠隔系はコロナ対策の他、BPO的な文脈でのオフショア/ニアショア、あるいは足を悪くされている方の積極採用など、色々な可能性のある領域。
TELEXISTENCE社は日本のスタートアップのよう。軍需の大きな米国やイスラエルなどの得意領域だけに、安保的な文脈も読み取れますね。
人気 Picker
Pop Tech特区CiPが開発し9月にオープンする「東京ポートシティ竹芝」には無人ローソンが入居し、このロボットが導入される予定です。
テレイグジスタンスで働く街を準備してきたのが図らずもコロナ下で街開きとなります。
Telexistence社は東大・慶應の舘暲先生が会長で、KMD由来の会社。アカデミズムからの実装はとても喜ばしいことです。
竹芝で会おう!
商品陳列だけではなく、人が入れない危険な場所での作業など、色々シーンで応用の可能性がある。
実際に働きだして進化する様子に期待。
実験という位置づけで小売のようですが、今後危険な場所などでの遠隔操作での実用化が期待されている領域です。VR機器はOculusなど既存製品を使っているのか記事内ではわからなかったのですが、実際の作業をこなすためには操作への慣れや、細かい作業がどれくらい正確にできるかなど実感してみたいです。
マスタースレーブですね。人が使い方に慣れる
必要がありますね。
人員削減にはならないので、コストはおそらく
合わないと思います。
しかし、見にくるお客様はいるでしょうから、
そこでの売り上げ増加狙いなのでしょうか?
納品→検品→棚出しと様々な業務がある中で、棚出しは人手ありきかつ実施も夜間が多く。遠隔操作なので完全な意味での自動化や無人化ではないですが、現地人員の人手に依存する部分の脱却は歓迎です。
店舗にいなくとも商品陳列が出来るとなると田舎に居住しながら東京の店舗での商品陳列業務が出来るため、働き方に対するアップデートが期待できますね。

例えば子育て中の主婦は物理的に自宅にいる必要があるため出来る仕事の選択の幅が限られていましたが、これが普及すればそういった人たちに仕事のできる環境が整備される事で全体にポジティブな影響が期待できそうです。

物流や農業など過重労働が常態化している分野においても、デジタル化やロボット化が進む事で、人間だからこそ出来る仕事が生まれ、生産性が向上すると良いなと思いました。
あまりメディア露出しない会社という印象ですが、今回は採用・資金調達を意識した、世間の認知を高めるための施策でしょうか。

他の方のコメントにもある様に、コンビニの陳列作業は危険でも無いですし誰でも出来るので、人がやった方が安い気がします。

将来的には自動化に向かうのだと思いますが、直近でニーズが大きそうな領域は、何かしら危険性・緊急性を伴う災害や医療などの現場か、老化・身体障碍・その他の事情で移動が困難な人の作業/体験の代替でしょうか。
農業用でも収穫用にロボットが開発されていますが、複雑な判断と、複雑な動きは、未だ、人間には遠く及びません。

従って、人間が働けない夜間に、効率が悪くとも、できるだけでもやってほしい...といったニーズに限定しないと厳しいと思います。

実際にやってみると実感するのですが、人間の動作をロボットで再現しようとすると、本当に難しいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
人がやる作業をそのまま遠隔操作でロボットにやらせるなら、
効率は悪い方向にしかならないですね。

ただ、エンターテインメント性は高いでしょうね。
ファミリーマート(FamilyMart)は、日本発祥のコンビニエンスストア (CVS)である。公式略称は「ファミマ」。ここでは店舗ブランドとしてのファミリーマートに関する記述に特化し、法人そのものについてはファミリーマート (企業)で記述する。 ウィキペディア

業績

業績

株式会社ローソン(英語: LAWSON, INC.)は、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)。 ウィキペディア
時価総額
5,346 億円

業績