新着Pick
324Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
データと観光の親和性についてはしつこいほど何度もNPでつぶやいています。相性バツグンだと思います。
そういえば、何度か企業さんからお問い合わせも頂いたのですが、そのあとどうなったのだろう?

訪日客のSNSをAIで分析して、新たな観光資源を探れ!
https://newspicks.com/news/4757410

リニューアルで来場者3倍。新潟の山奥にできた「アート」制作秘話
https://newspicks.com/news/4241830

観光庁、コンサル大手のAIで隠れた観光地発掘へ
https://newspicks.com/news/3792343

SNSが変える旅行のあり方 ~オーバーツーリズムとSNS~
https://newspicks.com/news/4625862

新潟市は若者にとって"古着のまち"だった - インスタ地図が観光資源を見いだす
https://newspicks.com/news/3498640

国交省が「インスタ映え」風景増やします 整備促進、観光誘客を後押し
https://newspicks.com/news/2696477
理論的には、すごくキレイで、説得力もありますね。
きっと、企画会議で、こういったことを言うと、賛同を得られると思います。

しかし、個人的には「あまりに普通すぎて、これでは当てられない」という印象です。

何故なら、差別化の要素がないからです。あとは「情熱」でしょうか?

ビジネスを企画する場合には「スマートさ」も重要ですが、一番大事なものは「情熱」です。

特に「観光」というのは、「感動」を提供するものが多いので、そのためには「情熱」が不可欠だと思うのです。

少しネガティブなコメントで関係者の方には申し訳ありません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
確かにIT を活用した、人の動きの可視化は今後必要だし有用だと思う。特に桜の様な点でしか味わえない観光は混雑や対応を考える面でも活用度は高い。
 その一方で、これからの旅は分散多様化になるのではないだろうか。桜や花火、祭りはその時しか楽しめないイベントだが、自然や観光名所、体験を楽しむ旅は時期も分散し、滞在スタイルや地域での楽しみ方も多様化する気がする。
 今後間違いなく世界中デジタル化が進む。便利になる分リアルの旅はもっとタンジブルな体感できるスタイルに魅力を感じる人が増えるように思う。
インバウンド観光客の「平準化」というと人気のある観光スポットから不人気な地域へ無理矢理に誘導するみたいで誤解を受けやすいが、個別ニーズと「商品」としての訪問先のマッチングを図る取り組みだと考えたらわかりやすい。再び日本を幅広いインバウンドに観光客に解放するまでに、データを整備しマイナーな地域の観光資源を磨き、世界中のニーズと地域をつなぐ「日本観光」の新しい枠組み作りをするというのは、良いアイデアで、国家プロジェクトとして取り組む価値があると思う。まさに壮大な「観光の仕切り直し」のチャンスだと捉えるべき。
偏っていたインバウンド向け観光地を、日本中に平準化するには、インバウンド観光客がいない今がチャンスだとも言えると思います。
トラブルでスタートしましたが、Go to トラベルキャンペーンで、各観光地が観光客誘致の為頑張って、日本人の観光客が偏ることなく日本中の観光地に散らばって行ってくれれば、そこから得られるデータは、貴重なのではないでしょうか?
観光と言えば言えなくもないけれど、やはり人流なのでしょう。