新着Pick
357Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まず、今回の訴訟は、権利侵害を主張する写真家の方が、Twitter社に対して、RTした人の発信者情報の開示を求めたもので、実際にRTした人が訴えられたわけではありません。

実際にRTした人が損害賠償責任を負うためには、権利侵害の事実のほかに、RTした人の側の故意・過失や、権利侵害による生じた損害等が立証されなければなりません。

今回は、Twitterの仕様で、RT時に写真のクレジット部分が切れたサムネイルが作成された結果、クレジットが付されていない写真がツイートされてしまったという事案なので、RTした人に果たして故意または過失があったのかは、かなり微妙ではないかという気がします。

ただ、いずれにせよ、RTした人の情報を開示すべきという判決が下されたということは、今後、RTした人に対して、権利侵害を理由とする損害賠償請求等がなされる可能性はあるということです。

リツイートや自動サムネイルに関して一般のネットユーザーが抱いている感覚とはだいぶかけ離れた法的判断がされてしまったなーという感想です。

例えば、NPとTwitterをリンクしていると、自動で作成されたサムネイルがツイートされるわけですが、この自動で作成されるサムネイルがクレジット付き写真の一部なのかどうかは、コメントするときには一切分かりません。

このような結果を本当に権利侵害と評価してよいのか、個人的には甚だ疑問です。
2年前の知財高裁判決の際も話題になりましたが、この判例はその判断の射程を正確に捉えないと極めてミスリーディングな解釈を導いてしまうことになります。
・著作権者以外がアップロードしたコンテンツが掲載されている元ツイートをRTした場合の判断(著作者自身のコンテンツ、あるいは合法コンテンツの場合は射程外)
・現在のTwitterの仕様では権利侵害(同一性保持権侵害)とは判断されない可能性あり
このあたりのスコープを丁寧に記載して欲しい
インターネットの本質を「リンク」「フラット」「シェア」と喝破したのは糸井重里さんでした。「シェア」はSNSの登場によって初めて広く深く社会に浸透しました。ツイッターもサービスを始めた当初は、シェアによる著作権侵害にまで気配りできなかったと思われます。みんなが投稿できる喜び、シェアされる快感に包まれていた時代でした。それ故に今回争点になった、いわば仕様上のエラーが起きたのでしょう。著作権へのリスペクトは、これからさらに求められると思います。簡単に剽窃されてしまう社会は、クリエーターたちを苦しめ、才能を殺してしまうことにつながります。音楽が簡単にコピーされる状況からiTunesや音楽配信サービスが生まれました。才能にお金が回る社会へと進む必要があり、今回の判決もその流れの中のひとつの出来事だと考えます。
著作権の定義は、以下のような者です。

「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」

写真が著作権に該当することは明らかで、撮影者の名前を消してしまうのは著作権に対する侵害です。

リツイートについては、自分自身が発信(ツイート)したのと同じ扱いになるという判断が定着しつつありました。

今回の最高裁の判断で、リツイートの位置づけが決まりましたね。

みなさん、気をつけましょう。
下手に誹謗抽象的なツイートをリツイートすると、名誉毀損等で訴えられる恐れがありますから。
他人の権利を侵害したツイートをRTした人も、侵害の責任を追うという内容の判決。橋下徹氏への批判投稿のRTをめぐる訴訟でも、RTでも名誉毀損が成立するという高裁判決が出ており、RTという行為には大きな責任が伴うという司法判断の流れができつつあるようです。
もちろん元ツイートが著作権を侵害しているかどうかはにわかに判断がつかない場合も多々あり、RTする場合に元ツイートに問題がないかいちいち確認する負担はあまりに大きいという意見もあるでしょうが、今回の判決に加わった裁判官の一人が補足意見で「それはインターネット上で著作権侵害を起こさないために必要な配慮に伴う負担だ」と述べている点、注目に値します。
全くナンセンス。

直接的にリツイートした人に責任訴求していないとはいえ、これは個人特定せよ、リツイートは良くない、との法治国家からのお沙汰である。
リツイートとは伝聞である。伝聞の内容に法的責任がともなうなら、しゃべるな、生きるな、と言っているに等しい。

トリミングトリミングと言うがトリミングすなわち物理的なデータの切り取りではない。見出しページにおける画像の拡大、一部表示である。その2つの区別がつけられないのはテクノロジーリテラシーが低いと断じざるをえない。
それをいうならNP含めてすべてのネットメディアもやっているし、テレビ局や新聞社だって怪しいだろう。

権利は大事、しかし過度な権利主張は行き過ぎたエゴであるし、バランスの欠如は社会、経済活動を不要に萎縮させる。故意にトリミングしたわけでもなし拡大表示くらいはむしろ当該コンテンツの宣伝ともなるわけで、なにゆえそこまで権利者に配慮せねばならないのか不可解。

ともかく関わった法曹関係者のテクノロジーリテラシーの欠如、不勉強にもほどがある呆れるケース。馬車しかしらない者の自動車批判の域を出ていない老害のレベルである。
なんか釈然としないぞ。Twitterの仕様に問題はないのか。ただこれで投稿者やリツイートしたユーザーが罰せられることが決まったわけではないのでしょ?弁護士ドットコム、早く解説記事を出してくれ〜!
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.85 兆円

業績