新着Pick
148Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「CEOは苦労しろよ」っていうコメントが目につきますが、僕は本文の最後にもある通り、ストレスなく生活を送れるくらい、もっと言うと多少の貯金はできるくらいには報酬があった方が良いと思います。

生活費のことや、自分は家庭を持てるのだろうか、家族に苦しい思いをさせないだろうかみたいな心配に頭のメモリを取られてパフォーマンスが落ちたのではもとも子もありません。またCEOは土日も朝も夜も働く方が多いと思いますが、自宅環境がある程度良くないと生産性に影響します。健康にしても時間で買うかお金で買うかという軸もある。カップラーメンばっか食ってて免疫落ちたら世話ありません。
また失敗したときのセーフティネットが一切ない状態では、アクセルを踏むべきときにためらったり、コンサバな意思決定をしてしまうようなケースも考えられます。
苦労は美談になりますが、苦労するかどうか、EXIT時を含めたリターンの期待値がどうかじゃなく、普通に事業に対して最善を尽くせるコンディションを担保できるかどうかが肝かと思います。

もちろんとんでもなく高額な報酬設計するのは論外ですが(たまに耳にします)、無駄に追い込むこともないのではないでしょうか。
人気 Picker
CEOの報酬というよりもファウンダーたちの報酬に関する議論と捉えた方がしっくりくる。
ファウンダーたちは成功した場合の株式による報酬が莫大となる設計になっているべきで、その分現金報酬は最低限に抑えられるべきである。

だからこそ若いうちに起業する方が相対的に有利なんだと言えます。
社長だから現金報酬を高くするというのはおかしくて、株式報酬とのコンビで考えれば、すでにかなり大きい報酬を得られるわけなので、それを勘案した上でファウンダー役員の報酬を設計すべきだという点はとても大切な視点だと思います。

そもそも営業キャッシュフローが黒字化していないのであれば、他人のお金、投資家のお金で報酬を得ているわけなので、過大に報酬を得ることは許されないと僕は考えます。
自前で稼げるようになったら、正々堂々と報酬を得れば良いし、その際にでもまずは従業員への現金報酬を増やすことを考えるべきだと思うけどね。
日本の大して利益の出ていないでも”成長する”シリーズAかBくらいのスタートアップなら、額面1,000-1,500万円くらいがいい気がする(勘です)。非創業者で株式を大して持っていないのならもっと上。
CEOには付き合いがあるので、このくらいでようやく健康で文化的な生活の下限。

なお、”成長しない”スタートアップは赤字の中小企業です。それなのにこの報酬をもらっていたら、次の株主総会できっと厳しく評価されることになります。
(日本でもVCから調達済みのスタートアップで創業者CEOが交代する事例が出てきました)
「スタートアップの創業者兼CEOは、自分の給料をいくらに設定すべきか」は重要なテーマですが、あまり語られることがありません。ということで、Coral Capital創業パートナーCEOのJames Rineyが考慮すべき点を整理して、ブログを書きました。

それぞれの業界やポジションによって相場はありますが、これはスタートアップにはうまく当てはまりません。家族を支えるかどうかなど個人個人で状況も違うので、さらに話がややこしい。

大まかなルールは、CEOの成果に対する報酬は持ち株の価値が上がることを通して得るべきであるものの、生活にストレスがあるような状況は避けるべきということです。
これは分かりやすい。

CEOの報酬が少ない方が会社はうまくいく。これは私が何百ものスタートアップに投資した経験を通して気づいたことの中でも、最も顕著だった傾向の1つである
ピーター・ティール著 Zero To One より

学生の頃、本書を読んで、「きれいごと抜きに生活していくためのお金はもらいたい」と思いました。自分はタイプとして、自分の私生活が充実していないと他のことができない。野菜が数円高い安いとかを考えながら、ビジネスをグロースすることなんか考えられない。
もっとも、その辺は人のタイプとそれぞれの状況に依るんでしょうね。

「素晴らしい企業を作り上げるには、まずは事業に集中できるように自分の生活面におけるストレスをなるべく減らすことが重要」ということだけ考えておけば、シンプルですね。
起業家だから報酬は我慢しろというのはちょっとしたモラハラだと思う。
志さえあれば、「武士は食わずと高楊枝」なんてのは続かない。

ただし、どのレベルがreasonableかを判断するのは難しいがやはり客観性を重視すべきだと思います。
創業社長(エクイティをある程度保有)の場合、会社のお金≒自分のお金のように思えて、自分に報酬を多く払う=会社の利益を削ることに抵抗を感じる人は多いと思います。
私も創業から今まで役員の中では最小額、社内の平均給与くらいの水準でやっていますが、一方で創業者の場合何があっても保証はないですし、生活にストレスがかかるレベルで低いと本末転倒なので、事業状況と外部環境を見ながら都度バランスを取る形にならざるを得ないのかなと感じます。
記事中にもある通り、ケースバイケース。スタートアップ経営陣個人にとってフェアな報酬設計かどうか、といった「べき論」が語られることが多いが、たぶん本質はそこにはなく、投資家から見てスタートアップの成長・企業価値を最大化するための報酬設計、という目線で考えるのが良いと思う。
関連記事一覧
研究室で綿栽培 世界から脚光を浴びるスタートアップCEOに聞くその意義
WWD JAPAN.com
6Picks

東大発スタートアップ「Xenoma」が考えるスマートアパレルの未来と今後の戦略 -vol.2-
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
6Picks

イスラエルにおけるスタートアップ投資について
PR TIMES
4Picks

Chromeの最新アップデート:セキュリティ強化はいいけど、プライバシに関しては...
ギズモード・ジャパン
4Picks

最新iOSでできること|iPhone11ユーザーはアップデートしよう
ライフハッカー[日本版]
3Picks

バルセロナ、今夏オーバメヤン獲得へ。FW3選手をリストアップか?
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

ニューカッスル、3人の新監督候補をリストアップ?売却が決まれば大型補強へ
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

ヴェレダが「リサイクル・アップサイクル」を開始、使用済み容器を回収し新たな資源に
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
2Picks

【FGO】カエサルのボイスが追加。アップデートで一部不具合が修正 - ファミ通.com
ファミ通.com
2Picks

ニホンフラッシュ(7820)、増配を発表して、わずか 8年で配当は5.5倍に急増、利回りも2.5%にアップ! 上場した2008年から継続する“非減配”期間は12年に - 配当【増配・減配】最新ニュース!
Diamond Online
2Picks