新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私の幼少期なんて、
・父親とは「毎日砂場でどろどろになるまで遊んでいた」
・母親とは「ページをめくる場所やセリフを記憶するくらい絵本を読んでもらっていた」
・残っている写真は「ヒゲダンス」
でしたけどねぇ。
そもそも学習効果について明確にコミュニケーションできている教材がどれだけあるのでしょう?
Learning Experience (LX: 学習体験)についての言及ばかりで、その先にあるべきLearning Outcome(LO:学習効果)についての言及がありません。あったとしても情緒的な定性情報に終始しているものがほとんどで、一部の特異な事例を一般化しすぎる傾向も高いと感じます。
ただ楽しませたいのなら学習教材以外にもっと「楽しい」ことはたくさんありますし子供たちはそこから多くを学べます。
私たちはデータを活用し「教材開発」でなく「学習効果開発」を行なっていますが、全ての教育サービス、プロダクト提供者のLXへのあくなき追求により学習者のLOが最大化されることを切に願います。