新着Pick

日航、来年度の新卒採用見送りへ…社長「入社しても新人に仕事ない」

読売新聞
日本航空はパイロットなど一部職種を除き、2021年度入社の新卒採用を見送る方針を固めた。大幅な採用縮小は9年ぶりとなる。新型コロナウイルスの感染拡大の影響が長期化し、新卒採用を見合わせる動きは広がる可能性もありそうだ。
410Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
7/20に国交記者会各社(新聞・通信社・テレビ)のインタビューに赤坂社長が応じたようで、読売のほか朝日や共同なども記事を出してます。
JALは5/27に採用活動中断を発表しているので、内定者やパイロット訓練生を除いて21年度は新卒採用なしが確定です。ANAHDも採用なしを発表しているので大手はパイロット以外の職種の採用状況はほぼ同じ。国際線の回復は2023-24年と予測されているのでしばらく厳しいと思います。

航空業界を目指す人には厳しい結果ですが、両社ともそこそこの会社で働いていれば転職の機会は今後あるのではと思います。とはいえ今は異業種含めて厳しいですが。こういう世の中なのでエアラインとは違う視点を持った人を歓迎するのではと思います。
新卒至上主義だと、就活生にとってこういう時に厳しいな、と思います。

僕は今の職場、2回受けました。

1度目は落ちました。僕の実力が足らなかったせいもあるでしょうが、ちょうど火星ローバーキュリオシティの開発フェーズが終わり人を減らし出していた時だったというのもあります。

その1年半ほど後に再度面接を受け、受かりました。人員削減が終わり、次のプロジェクトが見えてきて、人を雇い始めていました。

うちは卒業から3年以内なら「新卒」扱いですし、新卒かそうじゃないかも便宜的な区別で採用の有利不利は特にありません。

やはり、採用が増えたり減ったりするのは時の運で、「新卒」たるチャンスが一度しかないとどうしてもその運に左右されてしまう。採用する側のフレキシビリティーがもっと高ければ、学生が運に左右されてしまう度合いを多少なりとも減らせるのにな、とも思います。
今年はどこも新人の育成に苦労し、入社した彼らもモヤモヤな時期と焦りが混じる大変な思いをしていると思います。

私自身、4月から新番組の立ち上げのために、専門学校出立てのADさんに来てもらいましたが、どうにも難しい。
ある程度仕事が分かる人はリモートや遠隔コミュニケーションでも回るが。もどかしい思いをさせて申し訳ないなと。来年は見送るも一つの手。杓子定規に例年に合わせる必要はない。

また業界によりますが、ADの時はDの「背中を見て学べ!」と、(これいる意味ある?と思う事も山ほどありつつ)朝から朝まで張り付いていました。
しかし、今は「見る背中がない」のだから、働き方改革よりも、もっと急務、必須事項として、そもそも人の育成法を開発する時だなと思います。
子供の学校も同様。
私が就職活動したときも「就職氷河期」でしたが、そこから非正規雇用が増え、若年層の貧困化、晩婚化、非婚化、少子化に拍車をかけるという状態になりました。若者が未来に希望をいだけない社会、先を見通せない社会は、停滞してしまいます。
もうその世代は40歳前後になり、事態の深刻性に気が付いた政府が、40歳前後を対象に引きこもりからの再就職支援などに乗り出していますが、やはり遅きに逸した感はぬぐえません。
JALに限らず多くの日本企業が、来春の新卒採用を絞ることで、今後、数年、もしかして10年、20年後の社会にも暗い影を落とすんではないかという心配はあります。
知人にいますが、少なくとも地上勤務やCAはいずれ中途採用という道が出てくるはずです。20年前の就職氷河期、9.11、リーマンショック…と、航空業界は幾度にもわたって厳しい現実にさらされてきました。歴史は繰り返します。皆さんが仰っている通り、新卒時に採用がないからと言って諦めることはないと思います。
自分が就活をした時は就活氷河期の末期でした。少し上の今の40代は内定を持ってない人が多く、全体的に未来への希望が無いオーラを感じていました。
 
今から9年前は311で社会が混乱し、就活時期がズレました。今まで生きてきた中で一番「社会貢献」というキーワードを耳にしました。

そしてコロナ。20年間で3回目の荒波です。スマホから情報収集し、サービスを他人とシェアする生活が広がりました。

昨日、今日、明日が繋がっている日常では感じにくい社会変化は、点で見ると違う顔をしています
日航、全日空、H.I.S.・・・いずれも採用見送りだけで生き残れるかどうかは少し難しいのではないでしょうか?

いずれ希望退職者募集という流れになっていくと考えられます。

世界各地でコロナの感染状況や死者、重傷者の状況が異なるため、国際線や海外旅行が息を吹き返すにはまだまだ時間がかかるでしょうから。

一刻も早くワクチンと特効薬ができることを祈るしかありません。
今朝のニュースで、JALの赤坂社長のインタビューが出ていましたが、国内の航空需要回復には1年程度、国際的な需要回復には3−4年との見通しを示されていました。しかし、パイロットや一定の職種での採用は続けるとのこと。
空路での移動は、デジタル化によってなくなる需要ではないし、無くしてはいけない産業の1つである事は間違いないので、公的な支援も含め、なんとか支えていかなかればと思う。
新卒採用を見送ったのは経営破綻していた2011年度と12年度から10年ぶりか.
「新人に仕事ない」とは何ともきっぱりとした理由.
やむを得ないとは思いますが...リーマン・ショックの時と同様、何年か先に年齢構成のアンバランスが全体に影響を与えてしまうことに対する備えは別途必要となりますね。

新型コロナウィルスによる影響の終わりが未だに見えない状況で、本当に苦しい経営を強いられています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
時価総額
6,969 億円

業績