新着Pick
45Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事には完全に同意できる。バイデン候補は決して、本来の民主党の有力候補ではない。そのバイデン候補が大統領選で勝利するとしたら、恐らくその際には上院、下院も民主党が制している可能性はかなり高いと思う。
米国政治は振り子のように揺れながら、バランスを保つとよく指摘されるが、トランプ大統領の振り子が大きく動いた分、バイデン大統領と上下両院も民主党となれば、反対サイドへの振れ幅も大きくなるだろう。それと同時に、バイデン氏はトランプ大統領のように独断専行型ではなく、議会や側近のアドバイスを採用するだろう。我々の認識が不足している点は、民主党はかなり過激な党に変質していることである。トランプ大統領の米国ファーストは、良くも悪くも米国例外主義、米国単独主義であったがゆえに、同盟国に対してハイテク関連以外は踏み絵を迫るような局面は少なかった。例えば中国への関税攻撃に、日本も協力しろとは言わなかった。しかし、バイデン候補の外交戦略は、同盟国との協調した封じ込めが中核となる。今の過激な民主党なら、同盟国に対してかなり強い圧力をかける可能性があるだろう。「味方なのか、敵なのか」を迫られるのである。その際に日本は最も厳しい立場に追い込まれる国の一つだろう。中国だけではない。民主党はロシアにも厳しい。日本はロシアとのエネルギーに関する共同したプロジェクトなどが難しくなる可能性もある。日本は長期的な視野に立って、しっかりした外交戦略と、この記事の「覚悟」が必要となるだろう。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.61 兆円

業績

第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
7.75 兆円

業績