新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当然そうなるでしょうしEUも想定内でしょう。事前の脅しがあるかの違いであり、日本を含めてすべての国に同様の措置をするでしょう。
ではなぜEUに事前警告したかといえば、エリクソンには相当大きな痛手だからでしょう。チャイナモバイルら中国大手キャリアからの受注を獲得したばかりだったがこれを排除するという意味です。ノキアはもともと中国フットプリントは無きに等しい。
英国はEUでないので、ドイツやフランスに向けて先制攻撃。
ノキアとエリクソンは、NECと富士通とも提携して、日本のキャリアにも提供しているため、間接的に影響はあるでしょう。
また、サムソンも今の日韓関係からみて、厳しくなっており、純国産の5G技術の開発が急がれる。
中国の、「報復する」という脅しは、かえって逆効果になる可能性があります。各国、各企業とも、中国に依存したサプライチェーンが危険であることを意識するからです。中国国内で製品を生産していると、中国共産党の意向次第でいつでもそれらを差し押さえられると言われたのですから、当然であるとも言えます。
記事にもあるとおり、5Gで出遅れていたノキアやエリクソンにとっては、サプライチェーンの見直しができるのであれば、大きなビジネス・チャンスになる可能性があります。欧米諸国が中国の脅威に警戒感を高めることは、短期的な利益にこだわって中国への依存を高めず、自らの技術開発を継続していれば、今後、さらに大きなビジネス・チャンスが生まれることを示唆しています。
この報道、どのメディアのニュースも「ウォール・ストリート・ジャーナルによると……」という形で伝えている。
しないのではないか。
ノキアやエリソンが中国国内ではほとんどファーウェイの比にならないし、
さらに一段と値下げして攻撃を仕掛けるならわかるが。
報復措置として考えられるのは
①中国市場での販売制限
②中国製部品や、組み立てへの制限
あたりか。

ただ、Nokiaの母国であるフィンランド、Ericssonの母国であるスウェーデン、それぞれの話ではない(過去の買収で両国以外にも実質的に関わってくる部分もあるが)。そのなかで①・②両方において、どういう大義名分を作ってくるか。
また①についてはHuaweiがいる中で両社の中国での販売比率、②についてはクリティカルな部品・プロセスの中国比率が気になる。Huaweiの場合は基地局においてはFPGA、まだスマホにおいては半導体をはじめとした各種電子部品やその設計ツール(EDA)が海外依存で、中国だけで作るのは相当に困難。
NECなどがシェアを伸ばすチャンス
米国と英国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダのファイブアイズは中国と全面対立に踏み切った。EUがどうでるかが凄く大きい。トランプの責任で関係がかなり悪くなってるのでどう動くかは不透明。特にメルケルとトランプの関係の悪さは目立つ


中国商務省はフィンランドのノキアとスウェーデンのエリクソンが中国国内で製造している機器に対する輸出制限を検討。ただこうした措置は、EUが中国メーカーを5G通信網から排除した場合のみに導入されるとした。EUはこれまでのところ、ファーウェイ製品の排除は推奨していない。
このままいくと5Gの通信システムはファーウェイ陣営とエリクソン・ノキア陣営に二分されていくのだろうか。
ノキアは中国マーケット概ね敗退したので軽傷?
痛いのはエリクソン、今は中国が好調だから。工場はどちらもあるけどそれは想定済みでいわゆるサプライチェーンの分断、脅せば中国サプライチェーンのカットは加速する、それでもいいのか。
ノキア(英語: Nokia Corporation、フィンランド語: Nokia Oyj)は、フィンランド・エスポーに本社を置く、通信インフラ施設・無線技術を中心とする開発ベンダー。現CEOは、Rajeev Suri。 ウィキペディア

業績

業績

業績