新着Pick
296Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
危惧していた事態が現実になりつつあります。マスクはドレスコードではありません。密ではないところでは、こまめに外さないといけませんね。気がかりなのは教育現場です。先生の中には子どもに多少我慢させないといけないという考えの人もいますし、子どもも先生や友達の目を気にして外さなかったりすることでしょう。子どもには大人がつぶさに観察し、必要なら外すように積極的に声をかけていかないといけません。

ちなみに、私も少し前にこのような記事を書きました。

暑くても我慢すべき?「夏のマスク」安全対策・危険度
https://friday.kodansha.co.jp/article/118989
熱中症へのマスクの影響を否定するわけではありませんが、「マスク着用が影響?」というのは誤った世論誘導の可能性はないでしょうか。バイアスの可能性はないでしょうか。

第一に、熱中症の搬送場所の内訳を見ると、搬送場所は半数弱が自宅からとなっており、自宅での熱中症も急増しています。これは、高齢者の熱中症の特徴とも言えますが、安静時にも熱中症を発症されるのです。

職場ならばマスク着用を課しているところもあるかもしれませんが、自宅で熱中症を発症された方はマスクを着用されているのでしょうか。自宅での発症が増えているとすれば、増加している主要な原因はマスク以外にあるのではないでしょうか?

そのような視点で気温の推移に着目すると、今年は平年と比較し、全国的に気温が高い日が多く記録されています。このような環境の中で、果たしてどこまでマスクが影響してきたのでしょうか。例えば自宅やオフィスでの冷房の利用率はどうなのでしょうか。換気を気にして窓を開け、利用率が下がってはいないでしょうか。

マスクを正しく用いていただくことも大切ですが、データを正しく解釈することも大切です。与えられたデータだけでは明らかではありませんが、少なくとも10倍増の最も大きな要因はマスク以外にありそうです。
マスク熱中症が増えることくらい、当初から予想されていました。

「感染の危険のない場所では、積極的にマスクを外して外気を体に入れましょう」
という呼びかけをするしかないのでしょうか?
マスク→熱中症という確かに心配もありますが、そもそも周囲の人との距離がある程度取れている外を普通に歩いているときにマスクは不要でしょう。

私も家の周りや街を歩くときにマスクはしていません。オフィスや店内へ入るとき、電車に乗るとき、室内空間に入るときにだけ着用するようにしています。

なにせコロナとのお付き合いは長期戦になる見込みのようですから、あんまり頑張りすぎても気力・体力ともに持ちません。無理のしすぎは禁物です。
これから夏本番。密で無いところではマスクを積極的に外さないとね。熱中症の死者は年間1000人程度。今年のコロナ程度。ただ、このペースで10倍となると、1万人もの人々が熱中症で尊い命を失う事になります。屋外や密で無いところでは積極的にマスクを外しましょう!
咳やクシャミを繰り返している人以外、密でない環境の屋外で移動中にマスクは必要ないと思います。
電車やスーパーなどではマスクを付けて、密でない外では外すようにして、熱中症に関しては自己防衛しないといけないと思います。
マナーとしてのマスク、感染予防のためのマスクは、分けて考えたいですね。人混みをできる限り避けるというのも大切かなとと思います。
当初から言われてていたCovid-19 の死者数よりも経済困窮の自殺者が多いだろうに続いて、熱中症が危ないですね。今年の夏は休みが短く、避暑にも行きにくいので。
シンガポールの人がずっとつけてるけど、もう慣れたって書いてたけど。

そもそもマスクが原因っていう根拠あるのかな?
逆に普段マスクしてても、
人に話しかける時や、食事する時に近距離でマスク外して話しかける輩がいます、店員含む。これは意味がありません。
夏のマスクは、気をつけないと危ない!!