新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スーパーのほうが品揃えが良いし安い。コストコはそれの極みで、色々あって安いから、遠くからでも集客できている。
コロナになって、生活スタイルが変わった。これまでは通勤時間がかかり、その途中にある利便性に対してお金を払っていた。それが通勤時間がなくなり、お昼など含めて家で食べるならと、頻度は少なくとも時間をかけて品揃えが良いところで安く多く買うほうがよいと、合理性が変わった。
今後の感染拡大の状況などにも寄るが、生活習慣が戻るか、また変化した生活習慣に対してコンビニがどういう業態変化・進化を見せるか。コンビニはこれまでも変化・進化してきた業態で、底力はもちろんある。
下記の結果は色々と示唆に富んでいる。

セブンが予想通り強さを発揮する一方で、ファミマとローソンが苦戦。
上場廃止予定のファミマはストアロイヤリティが毀損し、構造改革するには上場してられないということかも知れません。

やはり、サークルKサンクスとの統合がファミマ自身のオーバーストア状態を招いてしまったのは否めませんね。

それにしても、エリートと言われる商社(伊藤忠、三菱商事)傘下のコンビニが苦戦し、非エリート集団(失礼!)のセブンが長年一強状態ってところがビジネスの面白さだと思う。


【抜粋】
▽セブン‐イレブン・ジャパンが1%の増加に転じた一方で、
▽ファミリーマートは8.2%減少、
▽ローソンは5.8%減少していて、
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア