新着Pick
275Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
素晴らしいです、抜群の安定感!本当にすごい。しかしこれだけの信頼性を持ちながら商業打ち上げ市場では惨敗。H2-aの41回もの輝かしい成功の中で、商業受注はほんの数件、そのうち一つが今回でした。思えばSpaceXなんて影も形もなかった2000年代初頭からH2Aは商業打ち上げ市場に食い込むことが大きな目標でした。当時の商業打ち上げ市場はロシアとアリアンスペースの独断場でした。なんとかそのパイに食い込もうと思ってなんとか背中が見えてきたと思ったら、あれよあれよという間にSpaceXが急成長し競争をひとつ上の次元に持っていった。ペイロードの大型化も進行した。慌てたのはJAXA/三重だけじゃありません。アメリカの政府需要を二分していたボーイングとロッキードは寡占状態を失い合併してULAになり、パイを喰われたロシアもアリアンもULAもさらにコストが安く大型のロケットを開発中です。市場はゼロサムゲームじゃないしまだまだ飽和はしてないけど需要は急には増えない。大型打ち上げビジネスはますますレッドオーシャンです。小型はそれに比べれば飽和からは遠いし伸び代も大きいと思うけど、プレーヤーがどんどん出てくる。今夏にはFireflyが初打ち上げだったはず。堀江さんのところも焦りを感じているでしょう。

H2aに話を戻せば、コストも他ロケットと比べて高いのはそうなんだけど桁が違うわけじゃない。国内市場が小さいのはその通りなんだけど、しかしスカパーとかispaceとかの打ち上げも結局海外に行っちゃうんだよなぁ。どうしてなんだろう・・・商売が下手、と言ってしまえばそれまでなんでしょうが、うーん。。。

H-IIIは大幅なコストダウンが見込まれています。もしこの信頼性を継承できれば競争に加われるはず。期待しましょう。
打上げ成功!良かった!

小野さんもコメントされているが、素晴らしいロケットなのに残念ながらあまり海外打上げの受注ができていない。これはなぜだろう?
だいぶ前にはなるが、衛星オペレータの会社で働いている知人が「乗り心地が違う」と言っていた。詳しく話を聞かなかったのが悔やまれる。
振動条件など衛星にとっての乗り心地が悪いという意味だったのか、それともプロジェクトの進め方やカスタマーサポートのような、人にとってのサービスの使い心地の問題なのか。興味深い。
やはり安定して打ち上げ成功できるというのは素晴らしいことですね。
1990年代後半のH-IIの頃まででしょうか、打ち上げはNHKでも都度生中継をしてくれるような扱いを受けていたと記憶しています。H-IIAの42本の打ち上げにおいて軌道投入の失敗は2003年の6号機の失敗だけ、残る41本はすべて成功です。今年度には、次代を担うH3ロケットの打ち上げも予定されています。
すでに今回のようにH-IIAにおいても商業打ち上げの受注に成功していますが、H3になればさらに費用が圧縮され、SpaceXのファルコン並の費用(およそ50〜70億円)での打ち上げも可能となると言われています。日本のロケットもここまで来たかと感慨深いです。
UAEの国家的命運を背負った打ち上げだったので、成功して何より。少なくともH-IIAの仕事は成功で終わったが、それでも火星軌道に到達するだけでも大変なのでまだフルサクセスではない。無事の飛行を祈る。
打ち上げ後のスタッフのみなさんの喜びの表現。先日のSPACEXとは違う。やはり違う。「よかった」って思う自分の気持ちに嘘はないけれどどこか少しごわごわっとする。
改めて、科学とテクノロジーの力は、日本の力の源泉だと誇らしく思います。これからの「新しい社会」はその力で切り拓いていくもの。UAEの人びともうれしそう。勇気をもらいました。
Marhaba Mars! (こんにちわ火星!)と一面でどでかく取り上げられています。ドバイ郊外にあるMohammed Bin Rashid Space Center、子供たち連れていってみようかな。入れるのか分かりませんが笑
「品質の日本」を世界にアピールできた安定した打上げでしたね。
打上成功の積み上げは、本当に難しく、努力の結晶です。

これに「打上コスト」の競争力が伴えば、鬼に金棒です。
なかなか難しいところはあるとは思いますが、是非、コストダウンも実現して、世界の衛星打上げビジネスをリードしてください。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
淡々と安定して打ち上がってゆきました「午前8時前に探査機を切り離す予定」とのこと、無事に切り離されるよう願っております
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア