新着Pick
93Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私もエルサレム特派員時代、ユダヤ教とイスラム教の禁忌を経験しました。豚肉は両方で×、またユダヤ教ではエビやカニなどの甲殻類も×。しかしイスラエルではロシア系の肉屋では豚肉が置いてありました。イスラエルの法律では肉親にユダヤ人がいれば本人もユダヤ人としてイスラエルへの移住を認められるためで、ソ連邦が崩壊した際にイスラエルに移住してきた100万人を超える「肉親にユダヤ人がいる人」が、ロシアの豚肉食文化を持ち込んだという背景があります。
そんなわけで、豚肉を食べたくなったらロシア系の肉屋に行って三枚肉やロースを塊で買って冷凍し、少しずつ大事に食べました。イスラエルでは食べられないエビやカニは、パレスチナ自治区ガザに取材に行った折に地中海岸のレストランで食べて帰るのがお決まりのコース。10年以上前の、懐かしい思い出です。
マレーシアはイスラム教が国教ですが、三民族のなかに中華系マレーがいるので、スーパーでノンハラルコーナーで豚肉が普通に買えます。マレーシアのムスリムは同じ不浄の存在とされる犬でも、ペットであれば可愛いと感じているようですし、ムスリムの家族で、娘が豚が主人公の人気アニメ、ペッパピッグが好きでも親は気にしない、と寛容です。あくまで個人の信仰の問題ですが、環境面でも中東との差は大きいでしょうね。
この手の禁忌には理由がある方が自然だと思います。今では理解できないけど当時の環境では合理的だったのかもしれない
"人間と食べ物が競合する豚を増やさないという発想は利にかなっている"
"火を十分に通さないと衛生的に問題が生じる豚肉を禁じたのも、イスラム教が形成された当時の生活環境に配慮したものかもしれない"
豚カツを食べないと生きていけない私は、イスラム教徒でなくて良かったと、常日頃から思っています。
そして、豚カツが食べられないイスラム教国には住めないので、マレーシアやインドネシアにはあまりご縁がありません。
【国際】「なぜイスラム教では豚肉が禁忌なのか?」という視点も重要だけど、同じく豚肉を禁忌とするユダヤ教から派生したはずのキリスト教でなぜ豚肉を食べることが許容されたのかという点も気になる。

私がサウジアラビアに駐在していた時、居住区内にある日本食レストランではもちろん豚肉が食べられなかった。トンカツの代わりにチキンカツ、酢豚の代わりに酢鶏、豚の生姜焼きの代わりに鶏の生姜焼きといった具合だった。肉が全くないということだと困っただろうけれども、そういうわけではないので慣れれば何とかなった。

よくよく考えてみれば日本でも牛肉や豚肉を食べるようになったのはせいぜい明治維新以降であろうから、たかだか150年ほどの歴史しかないはずである。宗教的禁忌でなかったとはいえ、諸外国と比較すれば現在当たり前のようになっている肉食文化の歴史はきわめて浅い。
火を通さないと危ない豚から人を守る教えと思っていたのですが、豚は「人間と食べ物が競合する」という見方は新鮮でした。ライバルだったのか。