新着Pick
269Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「答は本人の中にしかない」は激しく同意します。でもこれが個人も企業も一番大切だけど一番難しいから「ロールモデル」とか「ベストプラクティス」「最新の○○」に頼ってしまう。ドラッカー博士の言う「自分で考える苦しさを逃れるために、はやりもので代替する」となりがちと自分を含め思います。

下世話で恐縮ですが、Netflixは市場の上限、アマゾンは下限、ザッポスは「こんなにいい会社で働けるんだから」と市場以下の報酬といわれます。サイボウズはどの辺なのかな。
今日は、この言葉をシメのラーメンとさせていただきます(笑)

『自分がどんな人生を送りたいのか、どう働きたいのか。私に聞かれても分からない。答えは本人の中にしかありません。』

自分も若い頃は周りばかり気になった時期がありましたが、本当にすべての答えは自分の中にしかないんですよね。

そうじゃないと、他人の人生をなぞっているみたいで、くたびれちゃいます。

今週のシゴテツも読んでいて朝から気持ちよかったです。
ありがとうございました!
サイボウズ社長・青野慶久氏の連載第6回です。
ーーー
情報共有のための「グループウェア」と呼ばれるソフトウェアやクラウドサービスを手掛けるサイボウズ。働き方改革の先進的な企業として知られ、「働きがいのある会社」でも2位にランキングされる(2020年、中規模部門。GPTW調べ)同社だが、15年前は危機的状況にあった。

ちょうど青野慶久氏が社長に就任した頃、社員が次々に退職。離職率は28%まで上昇する。給与の引き上げや業務の転換など、社員を引き留めるために様々な対応を試みたものの、さほど効果は上がらず。そこで社員に「どんなふうに働きたいか」を丁寧に聞き取り、「育休・介護休は最大6年間」「副業大歓迎」など働きやすい制度を次々につくる。

これが功を奏し、その後サイボウズの離職率は低下。12年以降は4%前後で推移。業績も好調で、同年以降、売上高は毎年、前年比115%ほどのペースで伸長している。青野社長は経営者としての自信を失いながらも、活力が消えかけた職場をどう再生したのか。(全7回)

■第1回 「がんばるな、ニッポン」のメッセージに込めた想い
■第2回 松下電工の「暴走社員」がサイボウズを創業
■第3回 人生最大の挫折で気づいた自分に足りなかったこと
■第4回 「100人100通りの働き方」で業績右肩上がり
■第5回 そこまでやるか、社員に手厚い制度を次々導入
■第6回 給与もキャリアプランも自分で決める
■第7回 「会社」という仕組みはもう古い
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。