新着Pick
259Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
エブリデーロープライスの真髄はお客様との信頼構築。
一時的な集客と離反よりもコンスタントに。
一時的にはドーピングやめたアスリートのように体格は縮まるものだから青山商事も織り込み済み、中長期で考えていると思う。
「顧客の購買習慣を理解する」...これができるか否かが運命の分かれ目ということですね。

つまり、現場と顧客を知らないと、正しい戦略は構築できないということです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
セール価格の常態化は、ブランド自滅とビジネスモデル崩壊の道だということを意識しないといけない。

セール価格に慣れた顧客は、そのブランド価値=セール価格に定めてしまうため、セール価格になるまで買わないということになる。その結果、シーズンで動くファッション業界は在庫を持ちたくないため、セールをして処分。
この繰り返しでブランドが本来訴求すべきポイントを蔑ろにして、安価ブランドというマイナスブランドの位置付けを自ら招いてしまう。
ブランドが訴求すべきポイントは何か?
マーケティングやブランディングに関わる人間は、そのことをしっかり考えないといけない。
しないと売れない。という負のスパイラルに長期的視点からの
紳士服業界はいずれにせよ衰退するんでは?

少し違う話かも知れませんが。
最近テレワーク主体になったのもあり、出社するにしてもスーツである必要は無くなってきてます。
とは言え、ひとまずビジネスカジュアルが求められるので、完全にラフな格好で行くのは憚れる。
シャツにスラックスに革靴となる。

でね、私のような40代おっさん的には、ビジネスカジュアルでもスニーカーで行きたいんですよ。楽チンなんで。
で、スニーカーに合わせるビジネスカジュアルでカッコイイのって、意外に難しい。
そんな提案があるとスゲーいいな、って思ったりします。
業態として寿命を迎えている訳だから、こんな延々と記事を書くまでもない。会社も早めの見切りつけて清算すりゃいいんだけど、最後まで足掻くんだろうね
「リモートワークの定着などでアフター・コロナも紳士服需要の回復は望めず、ビジネススーツは滅多に着ない裃のような「礼服」になってしまいそう」
4年以上フルリモートで働いていますが、スーツを着る機会は激減しました。副業先もビジネスカジュアルですし、最近はリモートワークを推進していますので、今やほとんど着る機会がなくなってしまいました。紳士服業界にとっては大きな変化だと思います。
株式会社AOKIホールディングス(アオキホールディングス、英:AOKI Holdings Inc.)は、紳士服の販売を主事業とする持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
387 億円

業績

業績

青山商事株式会社(あおやましょうじ、英語: AOYAMA TRADING Co., Ltd.)は、広島県福山市に本社を置く、紳士服の製造と、紳士服販売チェーン「洋服の青山(ようふくのあおやま)」の展開を行う企業。 ウィキペディア
時価総額
239 億円

業績