新着Pick
193Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東京都であれだけ増えれば地域に波及するのは止むを得ないし、人々が長い自粛に耐えられなくなるのはやむを得ないと思います。
初期の段階で強烈な自粛やロックダウンで抑え込められなかったことは悔やまれますが、今後は感染者が近くにいる前提で過ごす必要があります。
GoToキャンペーンは東京都は中止になりましたが、尾身先生も仰れていたように、基本的には3密を避けて、お互いにマスクと手洗いすれば感染は広がりません。
ただ、帰省に関しては普段接しない高齢者の親などに濃厚接触になってしまうので避けた方が良いと思います。
これからは何をしてもリスクがありますので、ご自身で行動を選択していく必要がありますが皆さん心労で疲弊なさらぬようお互い優しい心を持っていきましょう。人々が非難し合う地獄絵図は見たくない、、、
数字を最新にしてみました。(東京ver

【数値】
指数:2ヶ月前(ピーク)→約3〜4週間前→現在
検査実施数:1000人→1,800人→4,000人弱
陽性患者数:200人→20人→280人
入院患者数:3000人→200人→760人
重症患者数:100人→20人→7人
陽性率:22%→1.8%→6.0%

【指標の遅行性】
検査>陽性>入院>重症


【考察】
・この段階で安心している人の意味は相変わらず理解できない
・他方、検査分母x検査面積による重症化率ダウンは理解できる
・指数の遅行性を考えると重症患者は絶対に増える
・入院患者の増加が発生し始めていて気がかり
・陽性率も上がっているのは気がかり
・東京だけでなく全国を見るべき

※ 検査分母x検査面積とは
・分母:検査がきちんとできるようになり、3,000人近くまで到達している
・面積:これまでは37.5度x4日など非常に厳しい条件下での検査のみだったが、最近はサクサク実施できている
=これらにより患者数は増加x重症化率はダウンが発生しているだけ


【よくある意見】
・感染者数を見る意味ない
→意味なくはないです、すべての入り口の指標なので。ファネルで考えましょう。

・入院キャパあるし平気
→今日は平気だが、来月も平気な理由になっていないので却下。

・重症患者少ないから平気
→同上+遅行指標で入院数に一定率発生する(はず)で、増加傾向が気になる

・コロナ余裕では
→対岸のニュースを見ましょう

【まとめ】
→引き続き自衛は必要 x 緊急事態再宣言はまだ不要か。
いままでの日本神話を水泡にするか。
もっとIT技術を導入して、きちんと感染の経路を追跡すべき。
安心の日本に速く戻ってもらいたい。
東京都が286人と過去最多の人数になったことも大きな要因になっていると思います。しかしながら、全国的に大都市を中心に感染者数が増えているのが明らかになっています。もう少し増え続けることは可能性が高い様に感じますが、できるだけ早く、もう少し落ち着いた数値に戻る努力をしていく必要がありそうです、
かなり危機的状況です。経済活動の回復と感染対策をどう両立するか  ニューノーマルの働き方 余暇の過ごし方をどう我々が定着できるかにかかっています
経済優先観点での話(重症者や死者数は少ない派)と、感染拡大防止の観点での話(検査数に対する感染者は少なからず増えてるし高齢者や既往症を持つ方への感染防止派)で、何か噛み合わない議論を見てるようですが、どちらも感染は減らしたいことに変わりはないので、まずは個人でマスク着用や手洗いうがい、時差出勤やリモート勤務、ソーシャルディスタンスの出来ることからに変わりはないですね
民度だけで乗り切れるのか気になるところ。