新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
我々の世代ドンピシャのラジコンカー。

実車さながらのサスペンションはカッコイイが、コレセッティング難しいでしょ。しかも相当重そう。

タミヤのF1は高校1年の時にラジコンレースから足を洗い、せっかくだから飾れるクオリティのが欲しくて買いました。もう28、9年前。

マクラーレンMP4/6。今更説明不要でしょう。

シャシーはF102。この頃タミヤのF1は1/12電動オンロードカーの定番構成で、フロントはキングピンサス(キングピン軸を数ミリ上下するサス。実車ならモーガンと同じ)、リアはFRP板にモーターデフユニットを乗せたリジッド。ロールは板のシナリとゴムOリングのコンプライアンス、ピッチングは板のシナリとコイルスプリング付きオイルダンパー。
要はさしてセッティングの自由度は無く、ほぼほぼタイヤと路面のミューで決まるんですな。もちろん軽い。

スポンジタイヤはそのままじゃ辛くて、みんなサリチル酸メチル(液体サロンパスね)を塗布してやや溶かし気味でやってましたね。そのうちレースで禁止になったりしました。

プロポ他は電動バギーでレースやってた頃の構成をそっくり移植。三和派なのでMゼクスってホイラープロポにスピコン(アンプ)はスーパーボルテックスって定番仕様。バック無し前進のみの無駄にレース仕様。

数年後、またウズウズして、F103シャシーを購入。ボディはザウバーだったかな。

ちとマジでサーキット攻めるか、と気合充分でしたが、そんなのも束の間。

タミヤからFFツーリングカーシリーズが出て、JTCC版コロナエクシブが無性に欲しくなり、購入。
結局コッチでサーキットへ。
ってもなかなかセッティングが決まらず(ノーマルだとタックインでスピンする程前荷重、前傾姿勢。リアサスをソフト気味で後傾姿勢が1番安定して走らせ易い)、漸くいい感じになってきた頃バイトが忙しく、そのまま塩漬け。


そろそろまたウズウズしてきてます。
株式会社タミヤ(TAMIYA INC.)は、静岡県静岡市に本社を置く模型・プラモデルメーカー。世界有数の総合模型メーカーである。旧社名は「株式会社田宮模型」。 ウィキペディア