新着Pick
582Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マーケティングでもっと未大事なことの一つに「測る」があります。何をやっても効果が図れなければ、施策を検証することができないので。
サブスクの需要予測ができる測り方。それに誰もが発信する時代だから、誰もが測れる測り方、これから主流になっていくんだろうな〜
コンテンツ評価の新しい指標を提供している「バロット」についての記事です。「コンテンツが引き寄せる加入者数」を予測するもので、具体的には「新しいコンテンツは加入者を引き寄せ、懐かしさが売りの古い番組は会員の退会を防ぐのに役立つ」といったことがわかる、と。ただ、算出方法は複雑です。

###
パロットが開発した「需要度(Demand Expressions)」なる指標は、インターネットで収集したさまざまな「シグナル」を基にしている。グーグルで検索されたドラマや映画のタイトル、フェイスブックで獲得した「いいね」の数、海賊版のダウンロード数、ウィキペディアのトラフィックなどを分析し、コンテンツの人気ぶりを割り出すのだ。
###

視聴率や興行成績という指標がなかなか廃れないのは、シンプルだからです。複数の指標を組み合わせたものは、異常値の原因を探るのに時間がかかります。指標はシンプルであればシンプルであるほど便利です。新型コロナで「感染者数」が注目されてしまうのも同じ理屈ですね。ウェブメディアであればページビューです。どの指標を軸に意思決定を図るかによって、アウトプットは大きく変わります。

「需要度」がNetflixの加入者増に貢献しているとすれば、これを採用するコンテンツ企業は増えそうです。ただ、算出方法がブラックボックスなので、視聴率や興行成績に変わる指標にはならないでしょう。端的にIR資料には載せづらい数値です。滞在時間、継続率、ARPU……。サブスク配信においてなにを指標にしているかで、その企業の方向性が見えると思います。
「収益を押し上げるのは新規加入者の数だ」
「新しいコンテンツは加入者を引き寄せる」
「コンテンツの成功は、何人が視聴するかよりも何人の新規加入者を獲得できるかにかかっている」

あるものと全く同じビジネスモデルです。
そう、このNewsPicks.
そしてこの記事自体もまさにオリジナル有料というエスプリ.
ストリーミング作品をつくる際に最も留意すべき点は、「最初のつかみ」を入れることだと個人的には考えています。

最初の数分間観ていて「つまらないな~」と思うと、別の作品に変えてしまうユーザーが多いのではないでしょうか?

選択肢が膨大なだけに、「つまらない」作品を観ている機会費用は莫大です。

つまらない作品で10分間無駄にしなければ、面白い作品を余分に10分観ることができますから。
この手法は、コンテンツビジネスへの投資やビジネス上の意志決定を下す際にも役立ちますね。時代やテクノロジーの進化に合わせた視聴率調査が必要、というのがよくわかるレポートです。
これは、「今」の状況であり、将来を読むことが大事ですよね。

そういう意味では、今のトップ10は、ほとんど意味を持たないと考える方が良いでしょう。

競争軸は「コンテンツ力」なので、コンテンツ力を作るクリエーターと、プロデューサーの能力により決まるでしょうね。

個人的にはNetflixが強いと考えています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
テレビの時代は視聴者数で収入が決まっていたが、ストリーミングサービスは新規加入(と退会)で収入が決まるので、当然見るべき指標は変わるという話。ストリーミングサービスの場合は個々の番組の視聴者数は収入と直接関係ないですが、クリエイターからすると馴染みにくいのもわかります。

テレビCMでも、視聴率だけでなくwebでの話題量などを組み合わせて効果測定するようになってきています。測る指標を決める上で、各社が成果を定義する仮説を持つことが求められていると感じます。