新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
全需を刺激できなければ、その分、必ず割を食うブランドが出てきます。
私は昨日、豪雨災害の対策パッケージにクルマ関連を盛り込んでくれるよう赤羽国交大臣に要望しました。インセンティブ戦術についていけるメーカーばかりではないだけに、トヨタのやり方がクルマ社会と産業にどのような影響を与えるのか注視しなければなりません。
なぜ値下げするのか?アクアは2011年12月販売開始で、来年フルモデルチェンジが噂されている。需要が下がっている中で在庫を掃きたいのではないだろうか?
それ以外のモデルはアクアほど時間が経っていないが、単価も高いので割引率としては相対的に低くなる。トヨタ本体だけでなく、関わるサプライチェーン全体の固定費をカバーして持続するためには、需要が必要。価格を下げることで需要喚起に働きかける形。
今売るのが厳しいモデル達ですね。

『対象は小型車「アクア」(182万円から)や多目的スポーツ車(SUV)「C-HR」(237万円から)、レクサスのSUV「UX」(397万円から)、「NX」(451万円から)などだ。』
140万台を売り切るため、トヨタが最大10万円の値下げ施策を打つ。

売り切る必要がある背景

"トヨタは国内に約4万社ある取引先の稼働を守るため国内で年間300万台の車を生産し、そのうち半分を国内市場で売る戦略を掲げている。"

日本の雇用を守るトヨタの事情あっての値下げ施策。

市場視点では、10万円と、わかりやすい値下げ施策を打たないと「売り切れない」状態であるということ。

厳しさが伝わったてくる。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.7 兆円

業績