新着Pick
257Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
常に指摘されていることではありますが、充電設備網をどの様に整備するのかが課題です。知り合いがリーフに乗っていますが、ほぼ毎日日産のディーラーに持っていっては数十分充電しているそうです。

また、電気自動車の数が増えると逆に発電所に負担をかけるとする記事もあります。

私は推奨派でも反対派でもありませんが、石油の持つ「エネルギー密度」とその貯蔵性・運搬性の高さ、そしてそれを自然が作り出したということに感心するばかりです。

電気自動車が普及すると、電力網を「破壊」するかもしれない──問題解決のために、いまやるべきこと
https://wired.jp/2018/03/04/electric-cars-impact-electric-grid/
高性能、長距離航続だけでは売れる時代ではありません。競合他社はたくさんあり、日々進化しています。それにどうやって対抗し、グローバルブランドを構築するのか。そのストーリーが必要です。

大切なのはCX。顧客がどのような体験をするのか。EVはほぼ高性能パソコンです。要はソフトワールドで、絶対に陳腐化させないことです。確固たるソフトウェアのプラットフォームを確立し、その上に載っているアプリケーションを常にアップデートし続けることです。その設計コンセプトが非常に大切です。機能をアップしようとしても、ハードがついていけないとか、処理スピードが出ないとかの不都合が出ないプラットフォームを作り上げることです。

そして、デザインやUIを包括的に最先端にすることです。カーナビや車内のコンソール関係のUIはほぼ前近代的です。音声応答など新しい潮流が出てこようが、ほぼ陳腐です。自動車メーカーはソフト開発力が未熟すぎます。それをブレークスルーしないと、ブランドは定着しません。

EVで大きいシェアを取るつもりならば、従来の固定観念に縛られないよう、新しいブランドを立ち上げた方が良いと思います。新発売される新しいEVもカッティングエッジであり続けるために、どういうブランドを構築すべきか、考え直した方が良いと思います。日産のブランド価値は下がりっぱなしです。
ブランド再建の「切り札」では無く、「象徴」でしょうねぇ、社内向け含めての (←今コレとっても大事な時期かと)
残念ながら発売は来年です。デリバリーは日本が最初ですが、それでも年越しです。日産系列販売店は辛い時間がつづきます。
Teslaは、高性能なクルマを売っている製造業の企業ではなく、体験を売っているサービス業の企業なので、この記事のようにTeslaと比較しても意味がないと思います。

どの業界でも、市場ニーズに合致した商品であれば、市場と顧客は、それに正しく反応すると思います。

売れすぎ? トヨタ「RAV4」のPHVが受注停止
https://news.mynavi.jp/article/20200630-rav4-phv/

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
思ってたより安い。
モデルYにぶつけてますね。

この価格は採算取れるかどうかより、
日産の象徴にしたいのでしょうね。

最上位モデルはいくらになるのかしら。
いっその事高性能車のアイコンであるGT-Rでも付けてしまった方が分かりやすいですけどね。

内燃機関での最高性能を狙ったGT-Rから早12年、お待たせしました、コレがこれからのGT-Rです、みたいな。
日産自動車が三菱自動車を傘下に収めたときは、
「これで日産は電気自動車で他社をリードすることができる」
と評価されたものでした。

三菱自動車は組織としての体をなしていない状況でしたが、EV技術は高かったからです。

その後、日産もゴーン事件で組織として失格の烙印を押されました。

このEV技術をバネにして、再起できるかどうか?
個人的には大いに期待しています。
EVだから、ブランドが上がるわけではない。テスラ成功のぶんせきが甘いかな。
う~ん。お値段が張っている。
販売は簡単ではないだろう、か?
「テスラの時価総額がトヨタとホンダ、日産の合計も上回っている」
これはホントにすごいことですね。さすがに買われすぎという気がしますが…

一方で、日産のアリアの性能が「テスラに匹敵」しても、だから売れるわけではありません。以前としてクルマ自体の品質は良くないテスラが売れているのは、イーロンマスクのつくった微ランド力ですから。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
1.62 兆円

業績

時価総額
42.6 兆円

業績