新着Pick
192Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
企業はこうした異質な人が入ると、排除しようとします。どれだけ優秀かは関係なく、また優秀であればあるほど排除しようとしますね。自分の立場を守る、自分達のやってきたことを否定されたくない、なんとなくムカつく。こうしたくだらない理由で外部からの異分子を排除するのかが日本大企業の特徴なので、どれだけ登氏をサポートするマネジメントが頑張れるかに期待ですね。
むしろ、ご自身でも会社を持ち、また筑波大学の教員でもある登さんがなぜNTT東日本に非常勤であれ入社されたのか、の方に興味があります。

あと、プログラミングは他の分野で言うところの「人月」の計算ができない世界だと思うところが多いです。人と時間を書けたからソフトウェアが完成するわけではありません(もちろん、することもあります)。なので、人件費を人月で計算を~~なんて言われると違和感を感じることがあります。
登氏が3年後も所属or退職かで、NTT東日本の本気度が分かると思います。今後に期待。
これがニュースになっている時点で、採用ブランディングには成功していますね。登氏が特別扱いされなくなった時、企業カルチャーが変革されたと言えるのでしょう。
先日のNTT東日本の天才プログラマー登大遊さんについて別の側面の記事。NTT側の見解もあり、興味深く拝読しました。

天才プログラマーが2週間で構築 テレワークシステムが好評(産経ニュース、6月13日)
https://newspicks.com/news/4987202
NTT東日本が、登大遊にプライグラウンド(遊び場)と好奇心の維持を提供できるか否かですね。

人材のレベルがあまりに違うと「化学反応」は発生せずに「剥離」してしまうので、そうならないことを祈ります。

一人の天才のために、多くの普通の人たちを犠牲にできるか?とう究極の選択も課題だと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
天才の定義
国のサイバー任務をやっていたのですか、成る程
たとえ社長待遇でも難しそう
凡人は天才を殺すナイフ