新着Pick
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
政治の安定という意味ではマクロン大統領の再選が望ましいわけですが、彼が本来主張していた構造改革路線は、コロナ禍でまず不可能となりました。
構造改革とはやはり好景気の際にこそやるべき(できる)ものなのでしょう。ドイツの構造改革も、他のヨーロッパ諸国が好況でしたし、輸出で調整圧力を抜くことができました。
これまでのコロナ対応で56兆円。
追加で「経済、環境、地方、文化、教育」分野へ12兆円。
ここで財政を打たないことのほうが問題。
フランスのマクロン大統領が、新型コロナウイルスで打撃を受けた経済の立て直しや環境対策などに秋以降、新たに少なくとも1千億ユーロ(約12兆2千億円)を拠出する意向を表明したとのこと。巨額すぎて驚きました。