新着Pick
149Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ご著書の中で「圧倒的な競争優位性」を投資条件の一つとして挙げてらっしゃるNVICの奥野さんですが、レイターステージ/Post-IPOのスタートアップに関わる身としては、フェイズ的にまだ、関与先に確たる参入障壁が存在しない以上、いかにして共に参入障壁を築くかが重大なテーマです。
この点、良い企業はバリューチェーンの上流・下流の両端に参入障壁があるというご指摘は興味深いですね。
供給面での参入障壁の構築というのは、ある意味、性格悪い話ですね。

せっかくの機会なので、ESG投資やAI投資についてどう見てらっしゃるのかについても伺いましたが、竹を割ったような明快なご回答をいただきました。
「ポジションを取る」というのはこういうことだと思いますし、こうした点に投資スタンスが表れるのでしょう。

近年はグロースに注目が集まる期間が続いていますが、こうした環境下で長期バリュー投資がどのような存在感を示し続けるのか、気になる点です。
奥野さんのご著書、『教養としての投資』も非常におすすめです。
https://amzn.to/3h3geED
見出しの一種煽った部分よりも、中身の障壁の議論を是非読んでいただきたい記事。

本記事で個人的に気になった部分は、コロナ禍を経てNVIC奥野さんのなかで「投資における経営者の重要性は変わったか?」という点。
本記事でも出ていて、①・②などでもコメントしたが、NVICは「構造的に強靭な企業」しか投資対象としていない。投資哲学や投資手法には「経営者」といった言葉は全くない。
みさき時代に話をさせて頂いたり、中神さんとの対談が出ているガバナンス本(③)で印象に残っているのが、「構造的に強靭な企業」≒「誰が経営しても機能するビジネス、なぜなら経営者はかわる(byバフェット)」と捉えられている点。この対談はとても面白く、ものすごく冷静・ロジカルに現実を見つめており、その力で「構造的に強靭」かの判断をされている様子が窺える。

一方、本記事では特に2ページ目で『4、5月の戻り局面で急落前の株価水準まで戻れなかった企業はダメかも知れません。(中略)両者を分けているのは、事業の経済性(付加価値、競争優位、長期潮流)であることは言うまでもありませんが、それに加えて経営姿勢にアニマルスピリットがあるかどうかだということを今回は痛感しましたね。』など、急変する環境での経営者の姿勢への言及が多い。
これまでとは個人的には変化があるように思え、とても気になった!

https://newspicks.com/news/4007120
https://newspicks.com/news/3737396
https://amzn.to/30f0tUl
煽りコメントも含めて議論になる内容ですね。投資スタンスに関しては全面的に賛同するわけではありませんが、全て言い切るところにはとても好感が持てます。巨大ファンドの責任者としてはリスクをとったポジショニングだし、責任は受益者へのリターンオンリーですからとやかく言うものでもない
ちなみに、私もテスラに関しては激しく同意です。素晴らしいイノベーショナルな企業だ、ということに異論はありませんが、テスラがESGだなんて定義が間違っているとしか思えない。
"「電気自動車を製造しているから環境にやさしい、だからESGだ」というロジックですが、そもそも電気をつくる時に大量の石油を使いますし、電気は貯めておくことが出来なければ、送電する際には大量の送電ロスが生じます。したがって電気自動車が環境にやさしいとは一概に言えないし、テスラのガバナンスについても議論のあるところですよね。"
株式会社ダイヤモンド社(ダイヤモンドしゃ、英語: DIAMOND,Inc.)は、主に経済やビジネスなどの書籍や雑誌等を出版している日本の出版社である。1913年(大正2年)に、『経済雑誌ダイヤモンド』を創刊して設立。本誌は日本初の出版社系週刊誌となる。本社は東京都渋谷区に所在する。 ウィキペディア