【CEO直撃】明日からZoomが100倍、楽しくなる

2020/7/15
謎の会議アプリ「mmhmm(ンーフー)」が、バズっている。
Zoomなどを使ったオンライン会議を、ひたすら楽しく、かつ効果的にするツールだ。
カメラを通して画面に映った自らの姿を、拡大縮小したり、上下左右に飛び回らせたり、半透明にして背景を透かしたり。
その独創的なデモンストレーションを見た人々たちが、数万人単位でベータ版(招待制限定)の登録を済ませている。
NewsPicksの取材によると、すでに名門VCのセコイアキャピタルからの資金調達も決めた。
創業者であり、元エバーノートのCEOとしても知られるフィル・リービン氏に、わずか数カ月前にひらめいたmmhmmの全貌を聞いた。
NewsPicksの取材に応える、mmhmmの創業者のフィル・リービン氏 。AI関連ベンチャー支援企業のオール・タートルズCEOも兼ねる。
何度でも言いたい「ンーフー」
──発音が、なかなか難しいサービス名ですね(笑)。
この「mmhmm(ンーフー)」という名前、とても言いやすいでしょう。
スタートアップというのは基本的に、何も考えなくても、覚えられるような分かりやすい名前を付けますよね。
ところが「mmhmm」という名前は、人間がちゃんと脳みそを使って考えている時に、口から出る相づちです。何かをちゃんと考えてないと、言えない名前というのがクールだなと思いまして。
(サービスを考案したのは)4月頃でしょうか。
私たちの誰もが、自宅からワーキングフロムホームで働くことを余儀なくされていましたよね。その時に、Zoomの会話をもっと楽しくできないかと試行錯誤を始めました。
(写真:フィル・リービン氏公式ツイッターより掲載)
まあ、最初は半分、ジョークのつもりで遊んでいたのです。私のツイッターのタイムラインをご覧いただくと、分かると思います。
そこからZoom会議をもっと楽しく、もっと疲れずに、参加できるツールとして模索をするようになり、これは新しいビジネスになると思うに至ったのです。
──まさに、ちょっとした思いつきから始まったんですね。
もう数カ月間、私も自宅で仕事をしていますが、まさにロックダウンの状況下で生まれた新アイディアだと言っていいでしょう。
ビデオ会議はぐったりするほど、疲れますよね。1日12時間もZoomをしていると、もう疲れすぎてメリハリもなくなってきます。
みんなで同じ「(画面という)四角い箱」にクビを突っ込む。このビデオ会議を、もっと楽しく、効果的にしたかった。
ちなみに私たちは新しいビデオ会議ツールを作るのではありません。Zoomでも、グーグルが提供するmeetでも、どのようなアプリケーションともセットで動くのです。
(写真:YouTube公式動画より掲載)
セコイアも「投資即決」
──チーム体制は、どうなっているのでしょうか。
7〜8週間前に思いついて、まずは2人で作り始めました。
現在は12人ほどのチーム体制で、フルタイムで開発をしており、さらに7つの職種で人材を募集しているところです。
mmhmmの素晴らしいところは、楽しくて、役立つところ。私はこれを「fuseful(fun + useful)」と呼んでいます。
カメラに写っている自分の姿を、まるでスターウォーズのジェダイの戦士みたいに半透明にしたり、画面に映しているグラフのあたりを、飛び回らせることもできます。
クルマで長距離移動をする時のことを、考えてください。
ただ遠距離を移動するのは、もうぐったりしますし、車酔いで吐き気をもよおすこともあるでしょう。しかし、自分がハンドルを握って、友人とドライブするなら全く爽やかな気持ちでしょう。
同じようにビデオ会議だって、ただ座っているだけじゃなくて、画面内を自由に動き回ることができれば、もう気分よくドライブする感覚に近づけると思ったのです。
(写真:後藤直義撮影)
──超名門VCのセコイアキャピタルが出資すると聞いています。
セコイアキャピタルは、かつてエバーノートの最大の投資家でもありました。
mmhmmへの投資は、プレゼンテーションを披露した数日後に、スパッと決まりましたよ。双方のパートナーシップについての面談日から、わずか3日だったと記憶しています。
私の理解では、ベンチャーキャピタルの投資家にとって、mmhmmは過去数カ月で最も面白いものだったのではと思います。
多くの人たちの最初の反応は、「それで、いつから使えるんだ!?」でしたから。全ての人が、ビデオ会議に疲れ切って、ストレスだらけだったのです。
病みつきになる「使い心地」
──どれくらいのユーザー数を目指しますか。
私たちは、一気に大量のユーザーを巻き取りたいと思っていません。
まだベータ版を出したばかりですが、ユーザー数は200人あまりです。数日以内に、1000人ほどに増やす予定ですね。
なぜかと言えば、人々が病みつきになるようなプロダクト、それも息長く使ってもらえるようなものに仕上げたいからです。
私は日本もよく知っており、何度も滞在していますので、長期的なものを重視する文化を身に付けたのかもしれません。
最初のmmhmmのプロダクトを披露して、助言をもらった相手は、ツイッター共同創業者のビズ・ストーン(クリストファー・ストーン)でした。彼は友人であり、出資者でもあります。
まだ生まれたばかりの、ラフなバージョンながら絶賛してくれました。
(写真:後藤直義撮影)
彼いわく、もうこれは病みつきになると。(Zoomとセットにして)1日で20回近く、このmmhmmを使って、ビデオ会議などをしているという反応でした。
同じようにインスタグラムの共同創業者である、ケビン・シストロムと、マイク・クリーガーの2人からも、プロダクトについて助言をもらいました(編集部注:同様に出資者)。
まさに2008年、私がエバーノートに参画した直後に感じていた反響と、同じ感覚なのです。それは片時も手放せないと思わせるような、魅力がありました。
──セコイアはかつて、エバーノートに投資しましたが、想定ほど企業価値が上がらなかったと理解しています。
エバーノートを離れて5年経ちます。
直近のことは分かりませんが、私が離れた2015年の時点では、(投資家にとって)エバーノートの企業価値はずっと高くなっていたと理解しています。
セコイアが、再び出資を決めてくれたことは、とても嬉しく思います。
一人ひとりが「動画化」する時代
──mmhmmのビジネスモデルを、教えてください。
ビジネスモデルは、一種のフリーミアムになるでしょう。誰もが無料で使えるけれども、プレミアム版でしか使えない機能もあると。
どのようにすべきか、詳細はまだ決めていません。
私からすると、mmhmmは全く新しい市場を切り開いていると思っています。特に個人ユーザーにとって、新しい発明と言えるでしょう。
新型コロナのパンデミックが起きる前、ビデオコンテンツを自ら作っている人々というのは、それでも少数派でしたよね。
しかし今後全ての個人が、オンライン動画、オンライン会議など、ビデオコンテンツを通して自分の存在感を出さないといけない時代に入ります。
(写真:後藤直義撮影)
隔離生活が終わっても、そのトレンドは続くでしょう。その時に、私はPVP(Personal Video Presence)が重要になると思っています。
──誰もが動画コンテンツとしての「自分」を持つようになると。
mmhmmはただビデオ会議を楽しくするだけでなく、そこで最高のプレゼンを作って、YouTubeにアップロードして動画コンテンツにしてもいいのです。
自分をビデオで最も魅力あるように見せる、ツールなのです。
世界中の個人から会社、レストラン、商店、学校、教会まで、これからビデオコンテンツによる影響力を増そうとするでしょう。
しかし現実、そのような取り組みをしている人は1%以下です。
かつてインターネット産業を目撃してきた私からすると、かつて人々は「まあネットを使う人はせいぜい2%かな」「いやいや、10%は行くでしょう」という議論を覚えています。
私は、ほぼ100%になると考えていました。ビデオコミュニケーションの世界でも、同じことが起きるはずです。
その時にmmhmmは、あなたが優れたビデオコンテンツを作るための、プラットフォームになっているでしょう。
これが私たちに出資した投資家たちや、セコイアなどが信じている未来像であり、このビジネスが魅力的な理由でもあります。
(写真:mmhmm公式サイトより掲載)
大量に生まれる「次のアイディア」
──マイクロソフトのような会社は、こうした斬新なアイディアを放っておかないのでは。
確かにマイクロソフトみたいな会社は、コピーするどころか、我々の頭上を飛び越えてゆく力量があります。そこは油断しません。
しかし、これは業界にとって望ましい競争ですから、様々な参入者があることは願ったりです。
また今、起業家にとって資金調達をするのはとても難しい状況です。しかし、もし世の中にとって不可欠なものを、ズバリ作ることができれば、驚くべき速さで成長するチャンスでもあります。
景気のいい時には売って、不景気の時には作る。そう考えています。
これから3カ月ほど、ベータ版の状況を保って、9月には正式にローンチをしたいと思っています。
すでに何千人、何万人という方がサインアップ(登録)をしてくれていますが、まだ使ってもらっているユーザー数は一握り。理由は、彼らの声に耳を傾けて、話をしたいからです。
色々な要望が届いていますよ。長大なリストになっています。
──どのような機能が、今後追加されるのでしょう。
例えば次のアップデートでは、複数人がmmhmmで同じ画面に登場できる「マルチプレイヤー」の機能を追加することですね。
すでに素晴らしいプレゼンテーションを披露する舞台なわけですが、ここに同時に複数人が参加することができるでしょう。
別々の場所で仕事をしている2人でも、mmhmm上の同じ画面に登場して、2人一組でプレゼンをすることもできます。
相方が喋る時には、自らのアイコンを縮小させたり、消してしまったり。また交代をするときに、パッと登場することもできる。
日本のユーザーからも要望があったのは、「共同パイロットモード」の開発です。
これはプレゼンテーションをしている本人をサポートするように、別の人が話し手のアイコンなどを移動させたり、拡大縮小するなどアシストできるようにする機能ですね。
──私は、例えばゲーム機のコントローラーで、自分のアイコンを操作したいですね!
プレイステーションのコントローラーで、mmhmmを操れるというのは、すごくいいアイディアですね! 
コントローラーを握ると、たしかに脳みそが「これは楽しいぞ!」と感じますから。会議中も、とても楽しく過ごせるような気がします。クールな案を、ありがとう。
(写真:後藤直義)
(取材:後藤直義、洪由姫、デザイン:堤香菜)