新着Pick
61Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
地域の課題解決に取り組み、共存共栄を図る「超小売業」へ。JR直江津駅からも近い直江津ショッピングセンター。

>運営するのは地元のバス会社である頸城自動車。イトーヨーカドーが撤退したことで地域社会の弱体化を懸念し、「イトーヨーカドー撤退後の店作りは、われわれにとって最も重要で喫緊の課題だった」と、頸城自動車の山田知治社長。

>「無印良品」の出店決定後、ショッピングセンター内の他の空きスペースにも順次テナント出店が決まったという。

MUJIの思想経営を率いる金井政明会長いわく

>「(これからは)やはり地方の時代。東京を向いたショッピングセンターは作りたくない。むしろ否定しようと考えた。地域の方と一緒になって、われわれも巻き込まれながら、地方の素晴らしさを一緒に作っていきたい」

>「われわれは“超小売業”を目指すと以前から言ってきた。20~30年間もモノ余りの時代が続き、物販は厳しいと言われている。でも、人間が生きていくためには小売りが必要で、どのように小売りが存在するべきかを考える必要がある」

>「デジタルはもっとうまく活用していくべきだが、人間は一人では寂しい。人と人が共働していく場が求められている。実店舗は“土着化”し、地域の人と一緒になって、共有し合う中で街が変わっていく。そういう存在になることこそが小売業の使命」だと語る。

地方、ローカル、ネイバーフッドが重要な時代。注目事例になりますね。
MUJIは今一度日本、そして地方へと原点回帰をしてリブランディングした方が良いと思います。

その意味でこのような取り組みは悪くないと思いますが、如何に長期的に同じ場所で進化、変化を続けるかが挑戦であり、課題ですね。

そして、モノあまりの時代に自らがかかる在庫の問題もグローバルに見つめ直して、この手の取り組みにブレーキがかかることがない体制を作り上げてもらいたいです。
これはすごい!直江津に無印良品ができるなんて思ってもいなかった。
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
6,231 億円

業績