新着Pick

定期的に運動する人ほど、高収入になりやすい|研究結果

ライフハッカー[日本版]
定期的に運動している人は、運動しない人に比べて収入が高い傾向にあることがわかりました。とはいえ、すぐに運動量を増やす必要があるわけでもなさそうです。
141Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
因果関係が逆でしょう。
定期的に運動すれば高収入になるほど世の中甘くないと思います。
定期的に運動するから高収入になるのか。
高収入だから定期的に運動するのか。

因果関係はわかりませんが、一定程度の相関関係はあるという記事。

ちなみに、トライアスロンのIRONMAN出場者の平均年収は20万ドルといわれています。

月並みな言葉でしか表現できませんが、ハッキリ言えるのは、みんな明るくて前向きで、ノリがいいです。
仕事のパフォーマンスをあげる(=質の良い仕事をする)ためには、日頃の運動習慣が大切です。この記事の、定期的な運動が高収入をもたらすというロジックは、他の方が指摘しているように因果関係が逆だと思います。

外資系企業をいくつも経験した中で感じたのは、組織のトップに立つ人たちは体力と気力が半端じゃないということです。例えば海外出張時は、機内で資料を読み、到着しホテルに移動する車内でブリーフィングを受け、ホテルにチェックインしてシャワーを浴びたら、すぐに会議を始めるのが当たり前。時差などお構いなしに、本国時間と現地時間の両方で働き、ディナーをし、合間にジムで汗を流します。自分の体力と体型の維持にも余念がありません。

「日本人は働きすぎ」とよく言いますが、アメリカ人のエグゼクティブのすさまじいまでの働き方を見ていると、色々と考えさせられます。
時間を何に使うか、というところでネットやゲーム、テレビといった時間を消費するものではなく、何某かの自分にプラスになるような余暇に充てられるのは強さですね。

大概の場合、その強さは自ら動き始められることであり、それを継続することができること。仕事に必要な資質を持っていることがわかります。自ずと、仕事での評価も高まって、高収入になるという。

とはいえ、高収入になりたいものです(運動はしてる)。
もうこれは『イチローさんは朝カレーを食べてるから成績残してる!』って言ってるのと同じロジックです。

大切なのはそこじゃない。
コロナ禍の3月から毎日1時間、5キロほどのウォーキングを実施する様になりました。
収入も増えていますね。

運動によって収入が増えるというよりは、時間の使い方が上手になったような感覚があります。
学歴や読書以上の相関関係があるなら認めますが。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン