新着Pick
182Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
南シナ海、特に南沙諸島(スプラトリー諸島)は、中国、台湾、ベトナム、フィリピン、マレーシアが領有権を主張しています。ポンペオ国務長官の発言は、東南アジア諸国側の肩を持つ方向に、大きく一歩踏み出した内容です。
 南沙諸島の島々を最も数多く実効支配しているのは中国で、次いでベトナムです。この状況は、1970年代から80年代にかけて、2度にわたって中国とベトナムが海戦を繰り広げて、2度とも中国が勝利した結果です。
 中国にとっての南沙諸島の価値は、島そのものや地下資源以上に、島々の周辺の排他的経済水域や大陸棚への主権的権利でしょう。中国と中東・アフリカをつなぐシー・レーンを確保するうえで、意味があります。
 逆にいえば、中国はこの水域で海軍が行動できなければ、シー・レーンを締め上げられて致命的な経済的打撃を受ける、という可能性も考慮しなければならなくなります。
 米国としては、ベトナムやフィリピンをけしかけて、南沙諸島から中国を撤退させることができれば、すなわち中国の首根っこを握る、ということになります。
 ベトナムやフィリピンも、さすがに単独で中国と武力衝突したくはないでしょう。米国が両国、特にベトナムにどれだけの軍事的保障を与えるか、で、ベトナムの対応は変わるでしょう。
いろいろ無茶苦茶を言うポンペオ国務長官だが、この点は正しい。中国の南シナ海における権益主張はどこから見ても擁護の余地なく、違法でしかない。
南シナ海ではベトナム、マレーシアなどがどんどん島を造成するが、その関連の報道は日本ではほとんど見ない。
ベトナムなどが島造成すると、中国は5倍以上の島を作っていく。さらに人が常住できるようにする。
ベトナムなどが先に島造成を無視するが、中国がやりだすと違法と批判する、アメリカのやり方ははたして公平だろうか。
中国の富の多くを生み出すのは上海等の経済都市が並び物資が通る海岸沿いで、何があっても脅かされてはならない地域です。インドと山奥で小競り合いがあるとはいえ他地域の国境線で安定を得た中国が、他国を排除して南シナ海の制海空権を握ろうとするのは“中華民族の偉大な復興”といった大時代的な目標を掲げる以上当然の動きかと。それが果たせれば次は伊豆諸島から小笠原諸島を経て米軍の拠点のグアムからパプアニューギニアーギニアに至る第二列島線内の制海空権を狙い、更にはハワイを境に米国と太平洋を分け合う「海洋帝国」を築きそう。米国はどこまで本気で阻止に動くのか。尖閣諸島や原油輸送の生命線を脅かされる我が国も、他人事ではいられない・・・ (・・;
米英は海軍による航行の自由作戦を実施し、それぞれの艦艇を南シナ海に派遣することで同地域の海洋の自由原則を担保している。このように南シナ海は今の所、米軍の実力と国際法によってそれが公海であることが確認されており、中国といえどもそこを強引に突破することは難しいだろう。日本も軍事力がプレゼンスのために存在する事を踏まえ、海自の艦艇による航行の自由作戦に参加してはどうだろうか。
これは正しい。国連海洋法条約では人工島周囲は領海を主張出来ないことになっています。スプラットレー諸島は島ではなく岩礁地帯で、その上にいくら人工的に構造物を作ろうが領海は主張出来ない。
米国政権内で、最もトランプ大統領に信頼されている側近の1人が、ポンペオ国務長官であり、最近は対中国への強硬姿勢の前面にポンペオ氏が立っている。すなわち、政権として南シナ海や台湾問題は、中国に好きにさせないという強い意志を感じる。
少し前に中国が軍事演習と基地の開設、島々の領土宣言とやりたい放題にしてきました。このまま香港、南シナ海、台湾と全土を我が物にしたいという隠しようがない動きだと思われます。

これに対し国々が団結し唯一中国が恐る米国のカードを諸外国も能動的に活用すべきでしょう。日本とシンガポールは6年ぶりの、アメリカ空母との南シナ海の演習に協力しています。

またもや中国にして迂闊すぎる行動だったのではと感じます。
わが国は、自衛する手段を強化する必要もあると思います。
何法に違反していて罰則はなんなんだ