新着Pick
310Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
去年から孫さんもアームCEOも2023年頃のIPOを検討と報道されていたので、規定路線といえるのかもしれませんが、その計画を早めるあたり、キャッシュ化をさらに急ぐ必要が生まれたのかもしれません。

アームを買収したときは「孫さん、よくアームを口説けたな」と感嘆の声が上がりましたが、一方で、買収対象のラインナップがとりとめもない印象もありました。

孫さんのおっしゃる「群戦略」というのはそういうものだということなのかもしれませんが、100%子会社にしておきながらIPOなり売却するということは、やっぱり、お金のために「売らざるを得ない」ということなのでしょう。
報道を真としたら、なぜなのかを考えてみる。

①ARM買収当時より米中摩擦がはるかに激しくなっており、グローバルでARMのIPで稼ぐという見込みが悪化
②ARMがスマホだけでなくIoTのデファクトになることでAI経済圏をソフトバンクが握るという考えだったが、デファクトで使われること≠データ経済圏を握るという想定の違い(QRコードが決済のデファクトになっているが、デンソーがそのなかで何かを握れているわけではない。もちろんデンソーは規格普及という思想があって、戦略として決済を握るために出したのではないという違いはある)
③資金を得たい。元々再上場を今後5年以内くらいにしたい意向で持ち分100%にこだわりはない。
④再上場含めてエグジットの方法の初期検討のなかでリークなり伝聞推定があってこの報道につながった
もともと2014年ごろまでに再上場の計画だったかと思います。
1. 従来の計画通りの動きなのか
2. 別の事情で加速する必要が出ているのか
3. ARMの評価額の妥当性について検証をしたいのか
4. どの程度まで手放すのか
5. 手にする現金をどうするか。
6. 株価材料の提供か
資産売却 → 株価上昇。

これは、コングロマリットの解消が投資家から評価されているということで、コングロマリットの否定 = 中間マネージャー不要論がリアルタイムで実証されている気がします。
投資会社ゆえ当然ではあるのにも関わらず一抹の哀しみや議論をどうしても巻き起こしてしまうのは孫さん独特の表現力ゆえなのでしょう。
4年前の買収時の発表では、
「モバイルブロードバンドが爆発的に普及したように、次にやってくるパラダイムシフトが「IoT」だ。(当時で)1年間に役150億個のチップを出荷していたが、それが10倍、100倍になる」として、その為の先行投資だったと思います。
 
あれから4年経った現時点では、IoTが想定よりも普及していなかったのでしょうね。
>保有資産の多くを売却し、自社株買いを通じて株価を押し上げることを目指すソフトバンクGの現在の戦略とも合致する

これってつくづくおかしいというか、もしかして違法なのではないかとすら思えます。

ソフトバンクGの役員報酬の決定に「株価連動部分」が含まれているとしたら、経営陣が意図的に株価を上げて自分たちの報酬も上げることになります。

返済すべき莫大な負債をそのままにして、自分たちの報酬アップを図るというのは不当ではないでしょうか?

既存株主は株価が上がることを喜ぶので文句を言わないし、債権者である銀行も黙認なのでしょうか・・・。
そりゃそうでしょう。そもそもSBGは何がやりたいのか、どうすれば株主利益に叶うのか、もう一度基本に立ち返って考え直すべきです。結局子会社の携帯電話事業しかキャッシュを生まないのであれば、他は全部売ってしまえばいい。
キャッシュの確保しかないでしょうね。

しかし、Appleも選んだARMまで売らないといけなくなるとは...(まだ未定ですが)

せっかくのすばらしい買いだったのに...背に腹は代えられないとは言え、ここで売ってしまうのは将来を売ってしまうのと同じですね。

まぁ、今がなければ将来がない...ということでしょうが。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ARMが微妙なのは携帯キャリアほどキャッシュフローは生み出さないし、その他グロース株ほど成長性もない。要するに中途半端。中国でのビジネスを失うリスクもあるし、もしそれなりの金額での買い手がいるなら売ったほうが良いと思う
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
12.9 兆円

業績

業績