新着Pick
62Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これだけ圧力を受けても売上を伸ばしているのか…。しかし、今後はさらに厳しくなるだろうな。とはいえ、ファーウェイは北米や先進国市場だけが主戦場ではないので、本当にファーウェイを追い詰めたかったら途上国市場からの締め出しも進めないと難しいだろうな。
2020年上半期の中国は、コロナショックの最中にあり、さらに諸外国もどんどん影響を受けていた。
多くの企業が業績不振のなかで、ファーウェイは売り上げを伸ばした。
やはり携帯はよく売れたし、
基地局関連の製品もよく売れている。

これからアメリカは本格的にファーウェイを排除し、日本も徹底的にファーウェイを排除するだろうが、
どぐぐらいの影響が出るのか、ちょっとわからない。
13%増で「鈍化」です...では、この視点で日本の企業を見たらどうなのでしょう?そう思いませんか?

世界中でHuawei排除の逆風を受けている状態での、この数字。すごいという他ありません。

これがHuaweiの底力の「一端」です。そう、まだまだ「一端」。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
コロナのこのタイミングで、13.1%増だしてても、伸びが鈍化とか言われてしまうのですね。

____
今年上半期の売上高が13.1%増加したと発表した。米政府が同社への圧力を続けていることを受け、伸びの鈍化が示された。
TSMCとの取引もまだ猶予生きてるしこれからでしょう、彼等こそ今最大級のサプライチェーンとマーケティングの見直しに迫られています。それでも強い。