新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
介護現場における「テクノロジーの導入による生産性の向上」というトレンドへの無条件賛辞と、尊厳の保持という葛藤について両方の視点から書かれている記事。
いつの頃からか、何が良いケアかを測る視点が本人ではなく、提供者側と原資を払う側に移ってしまった感があります。一般的にはエンドユーザーの評価がサービスの質や売上に反映される市場メカニズムが、公費が関わる準市場では機能しにくい。
本人ニーズも要介護者からは量的には集めにくい。介護従事者は代弁機能を果たすはずがその機能も失われつつある中、本人不在は加速している。
専門職は社会ニーズに応えることも使命の一つだけれど、何が社会ニーズなのか利害関係者が多くなっている今、介護に対する社会構成員からのニーズの量的取り方が、介護現場の葛藤の解消に一役かいそうなきもする。そうした調査が求められていると思います。
いま介護の現場で導入が加速している、センサーやAIを活用した「見守り」。介護する人の負担や人手不足に対応するには技術の力を借りることは必須と感じる一方で、睡眠や排尿といった自分の生理的な活動をすべて機械でモニターされる暮らしは、介護を受ける人の尊厳という視点でみたとき、それでいいのかという思いも持ちます。ただ一つの正解はないのでしょう。私は介護を経験したことがなく当事者の視点は持ち得ませんが、ぜひ当事者や介護分野の方々の受け止めを聞いてみたいです。
おしっこをしたいかどうかが他人に予測される世界。見守りか、監視か。尊厳とは何か。難しい話ですが、考えてみることは大切だと思います。尊敬する先輩記者の論考です。ぜひお読みいただければと思います。

「お年寄りにとって「おしっこをするかどうか」は数少ない、自らの主体性が残った営みだ。そこまで他人に「予測」されてしまったとき、「気づいてくれてありがとう」とする半面、こんなことまで人様に気づかれてしまうのかと感じる切なさを村瀬さんは見てきた」