新着Pick
87Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一つ目と二つ目は私もいつも言ってることだけど、三つ目の肩書きが必要という言説には違和感があるなぁ。
私は個人事業主としてこれまで10年間活動する上で、自分の肩書きとか意識したことないし、なんなら個人としての名刺もホームページも作ったことない(^^; 肩書きで一生懸命悩んでいる人に会うと、そこじゃない感を禁じ得ません。

ともあれ、自分のWILLやCANを棚卸しして言語化することは、副業やフリーランスで活躍する上で必須のプロセスなので、7/31にフリーランス協会でセルフブランディングのワークショップをやります!

講師は「ネーミング」(ってまさに肩書き考えるとかもですねw)の副業でTimeTicket上で最も稼いだ人になり、独立したサインコサインの加来 幸樹さん。

第1回「個人理念を発見する」自分アップデート特別連続講座
https://jibun-update0731.peatix.com/

お申し込みはお早めに(^^)ぜひご参加ください!
自身の経験を外から見た視点でまとめてみるのが大事ですね。リンクトインはそのためのツールとして大変役立ちますし、似たような経歴の方のプロフィールを眺めているだけでも参考になります。
民泊がやりにくくなったこと以外はコロナ関係ない気が。。その民泊にしても、近場の人に非日常体験を提供するなどのやり方もあるわけで、外部環境から儲かりそうかという基準で自分の領域を決めるというよりは、自分の内側から湧き出るものに従って領域を決める方が生きやすいと思います。まして副業ですしね。

自分のスキルを棚卸しすべきとの主張は賛成しますが、自分だけでやるのではなく、信頼できる人と一緒にやる方がずっと発見が多いと個人的には思います。
キャリアカウンセリングの価値の一つでもある「ポータブルスキル」の抽出。本人も持っていることに気がつかない能力や経験を引き出し、マーケットニーズと結びつけて仕立てていく部分。このアプローチには自分を客観視するメタ認知能力とマーケットニーズを置き換える翻訳が必要。考える価値がある問いだけあって、ちゃんとやろうとすると難度も高いです。
トライ&エラーはまさにその通りで、失うものはそうないと思うので色々なことに挑戦することがまずは大事なのだと思います。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン