新着Pick
1125Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
学ぶというのは本からだけでなく、他人と会話して理解を深めることも重要だと思います。
自分の意見を自分の言葉で言う能力は世界に出ていくのに必須だからです。
読み書きはそのうち翻訳ソフトがやってくれるようになり、重要なスキルではなくなります。
最後まで必要なのはコミュニケーション能力です。
今は幼稚な会話しかできなくても英会話に力を入れるべきだと思います。
英会話に力を入れるようになってまだ数年です。
問題があるのは当たり前だと思います。
批判をするのは簡単です。
しかし、せっかく新しいことにチャレンジしたのですから、今はじっくりやるべきではないでしょうか。
何人かの方がコメントされているように、ロジックがおかしな記事です。ここまでPickが集まるべき記事ではないと思います。
駒場時代の恩師であり、今も(恐れながら)目をかけていただいている行方先生のご指摘は、残念ながら今の大学生のレベルとはかけ離れています。

今の大学生は、直訳すらできないことが多いのです。

「be動詞」から英語を教えなければならない大学が増えているそうです。

シチュエーションに応じた英訳など「夢のまた夢」と言わざるを得ないでしょう。

本来大学生になるべきでない若者が(大学数が急増したため)大学生になってしまっているのが再々の原因です。

私たちの時代であれば、「無駄な大学に行くより高卒で銀行等に入ればいいのでは」という疑問が出ると思いますが、大学数が増えたために採用条件に「大卒以上」と書かれることが多くなりました。

最強の解決策は、無用な大学をどんどん淘汰していくことです。
大学数が減少すれば、優秀な高卒就活生に企業も目を向けます。

それを阻むのは、天下り先を減らしたくない文科省等の役所でしょう。
わたしの場合、英語は(独学ですが)高校生の時にTOEFL満点近くまで上げていたので困らなかったのですが、日本語(国語)の読解はかなり困りましたね。

小学校以降、作文を学校でやらなくなったことや、中学以降、漢字の練習をしなくなったことなど、日本の教育は、不思議なことがいっぱいありました
日本語の問題は別として、日本人が英語ができないのは社会が英語を必要としないからであって、教育の問題では無いと思う。

韓国も90年代までは、アジアの中で日本と並んで英語ができない国だった。英語の学力が伸びたのは経済危機の後、英語ができない人は職を得られなくなったり、給料が上がらなくなったから。

もう少し経済力が落ちて、英語力がないと生活がままならなくなれば、英語力は必然的に上がります。
もう若者の学力低下とか語彙力低下とかいいわ、どうせ10年前も20年前も30年前もその前も言われてたんでしょ。今の教育の是非はわからないけど、少なくとも僕が英語学習をした20年ぐらい前の時の英語学習はたいして役立ってないから、今に始まった話じゃない。
文を読めるより、パブで会話出来る学習の方が100倍大事で、AIというなら文章翻訳の方が得意だと思いますよ。
大学生が言葉を理解できなくなっているのか
言葉を理解できなくても大学生になれるようになっているのか
英語じゃないでしょ。

敢えて言うなら後半の読書時間の話か。

そう言う私も読書習慣のない人間です。

小説とかほとんど読まない。
小学校では学習対象に粘り強く関わる力の低下を感じる。
読解力の乏しさに関しては、親世代の読解力の乏しさの影響を受けているのではと感じている。つまり、現在の小〜大学生は読解力の欠如の負の連鎖に既に巻き込まれているということ。
実態に応じた教育ができるような制度づくりが必要だけど、そうなるとは思えないので、現場が動いて文科省に気付かせてあげないといけない。
英語教育を会話重視にしたら学力が下がった、という批判。でもこの学力って何だろう。教育の内容が変わったのに評価基準が変わらなかったら、下がるよね。会話力は測ったんでしょうか。