新着Pick
141Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スタートアップでも大企業でも同様の採用ミスは起こります。ただ、ミスが起きた時の会社に与えるインパクトが数十人のうちの1人と数千人のうちの1人、ではそもそも違うということだと思います。
全てに通じる万能薬は、とにかく焦らない、お互い少しでも疑問点がある場合は採用を決める前に確認できる限り確認する、というあたりかなと思います。
大企業と違いフレキシブルに採用プロセスを設計しやすいと思うので、弊社の場合もお互いの実際の業務でにフィット感を確認するone day trialを入れたり工夫をしています。(北米と違い、入社後に雇用を解消することが極めて難しい日本においては入り口の慎重さは尚更大事だと思います)
人材採用の失敗はスタートアップで起こりがちな問題の一つです。
採用時の見立てが間違っていたがために期待値ギャップが顕在化する例や、役職や高待遇を先行させてしまったがために組織に不調和を来してしまう例など、起こりがちな失敗は様々ですが、会社の規模が大きくなればなるほど、採用ミスが生じ得るということを前提としたうえで、採用プロセスや人事制度を設計していくべきなのでしょう。
スタートアップだけではなく、多くに企業の採用活動で起こっていることだと言える。
パーフェクトフィットは期待せず、双方ができる範囲で歩み寄るうちに、組織も新規採用者も育っていく過程を楽しんで欲しい。
人材採用という面では、シリコンバレーが「小さな村」であることが、とても有利に働きます。

何故なら、よい人であれば、たいていの場合、誰かが知っているからです。

つまり、リファレンスをとれば、かなりの精度で、その人を理解できるということです。

そういったエコシステムも、シリコンバレーの強みの一つだと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
起業家としては、耳に痛いアドバイスの数々です。採用に限らず、資金調達や事業提携でも同じようなアドバイスが当てはまると思います。
レファレンス大事です
まさに今やっていること。
参考になります!