新着Pick
218Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「Appleはソフトウェアの会社だ、そして本気のソフトウェア会社はハードから作る必要に迫られる」っていつかスティーブジョブスも言っていましたが、いよいよここまできたのか、という感じですね。モトローラのチップからインテルのチップに移行したときと同じような流れになるみたいですが、インテルチップに移ったときは、BootCampでネイティブにWindowsが走るようになり、当時最もWindowsを走らせるのに優れているマシンがMacBookだったという評価もあり、MacOSへの移行に大きく助けになりましたが、今やMac vs Windowsの構図よりもどれだけMacとして先進的であるのかが、圧倒的に重要です(BootCampは廃止になるみたいです)。インテルは先日NVIDIAに時価総額で追いつかれたというニュースも出ていましたが5nmの開発が遅れているなど技術力に遅れが出ているらしく、Appleとしては自ら先端をいくための意思決定だったと思いますが、アーキテクチャーはARMベース、製造はTSMCが行うようです。
AIとも関連するもうひとつ気になる動きとしては、Apple Sciliconは単体GPUチップをサポートしないという話です。Macの多くのモデルには以前から単体GPUが乗っかっておらず、インテルのCPU内臓型GPUが使われており(これがクソで多くの人が困っているわけですが)公開されている情報でも、CPU内蔵GPUをApple Sciliconでも推し進めていく方針が強調されています。今まではGPUを個別に載せずにコストを下げる施策という観点が強かったですが、Appleは「GPUが個別のメモリーを使わず、CPUと同じメモリーを使えるようにするので、Apple Siliconには外部GPUは必要ない」とデベロッパーも発言しています。これは果たしてどうなのか、非常に気になります。NVIDIAのGPUとはもともと全く互換性を作らなかったAppleですし、AMDのeGPUなども評判が悪く、新しいアーキテクチャーで挽回したいと考えているのでしょうが、ビデオ編集や機械学習用途ではGPU部分を個別にスケールさせられるシステムはAppleにとってもサポートしたいマーケットのはずですし、個人的には以前からそこをなんとかして欲しいと思っています。
どこまで動くかは結構注意深く見守る必要があります。

私はSurface Pro Xという、Arm系CPUのWindows「も」使っています。ほとんどのIntel CPU用のアプリは問題なく動くという触れ込みでしたが、業務で使う複数のアプリが動かないことをすでに確認してしまいました。むしろ、それまでArm系CPUであることに気づいておらず、インストールが上手く行かなくていろいろと調べていたら気づいてしまった系です。

参考のために。みなさんも関係するであろうアプリとしてはGoogleのドライブ ファイル ストリームが駄目でした。結構致命的。
TSMCで焼きに入っているようだがそもそもテープアウト(チップ完成)はいつなのだろうか、搭載マシンの出荷を年内としているがチップも出来ていないなか野心的過ぎるタイムラインだと思う。
開発責任者はインテル製の品質が良くなかったから変えたと話していましたね。手厳しい。だが果たしてどれほど売れるのか。今回チップを変えただけでプロダクトの世界がさほど変わるとは思えない。
IntelからARMへ...最近、この流れが加速しているので、Appleの選択も、それに基づいたものなのでしょうね。

ある意味、Intelが築き上げてきたものが時代の潮流には合致しなくなってきたということかもしれません。

AppleがARMに乗り換えることを判断したのに、MicrosoftはIntelのままというのも、非常に興味深いです。

もしかすると、その差は「モバイル製品を持っているか否か」によるかもしれませんね。

AppleのARMへの移行は、CEOであるTimの意思も加わっていると思います。
ということは、商業的、収益的な狙いも含まれていることで、そこを考えないと、今回の移行については説明できないと思います。

いずれにしても、最初のうちは、バタバタすることは避けられないでしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
22.8 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
203 兆円

業績