新着Pick
21Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まずは本当にお疲れ様でした、という気持ちです。白血病の治療というのは本当に長い戦いになりますが、諦めずに戦い続けてこられたからこその今だと思います。

この成人T細胞白血病は、HTLV-1と呼ばれるウイルスの感染により生じる疾患で、実は国内に100万人規模でおり、日本人に多いため、必然的に日本が治療法で世界をリードしている数少ない疾患の1つです。

HTLV-1は、その昔港湾を通して日本に入り込んだため、ポートタウンである長崎、神戸、横浜などに多いという特徴があります。特に長崎から濃厚に入り込み、主に母乳で感染が広がっていくため、九州で感染者が多い傾向があります。

北別府さんのように、急性白血病のパターンを取る場合もあれば、慢性的にゆっくり進んだり、くすぶった状態で長期に経過する場合もあり、無症状でただ感染しているだけということも多いため、気がついていないという方も多くいらっしゃいます。

急性白血病の場合には治療が必要となり、時に北別府さんのように抗がん剤治療に加えて末梢血幹細胞移植まで行われることもあります。北別府さんは、考えうる治療の選択肢の中でも最も厳しい治療を乗り越えられたということになります。

ここから1年というのは特に再発のリスクが高い期間になります。治療による身体の衰えやコロナウイルス感染症の流行もありますので、ゆっくり療養していただければと思います。
なんとか一歩進んだ状況なのでしょうか?
まだまだ予断許さないと思いますが、お大事になさってください。
白血病で闘病中の元広島の北別府学さんが退院されたそうです。気になっていたので本当によかった....しっかりと療養してください、本当によかった...