新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
追補。
ホンダからコメントが出ました。

お問い合わせいただきましたCATLの出資につき以下ご回答致します。
1%の出資ではございますが、狙いは「戦略パートナーシップの強化」です。
その内容はご認識の通り、新エネルギー車用バッテリーの共同開発、及び将来基礎技術の共同研究、CATL から Honda への新エネルギー車用バッテリー安定供給などがありますが、地域や国によってニーズや規制内容が異なる為、それぞれに合わせたベストなパートナーやリソースを活用していくというのが方針でございます。
特に BEV を中心とした電動化が進んでいる中国はHonda にとって重要な市場であり、その中国において CATL が最適なパートナーと判断致しました。
一方、北米はGM と進めており、最適なリソース配分で地域に合致した商品を投入していきます。
弊社は引き続き、各地域のニーズに合った形でグローバルでの電動化戦略を加速していく予定です。



中国で現地生産するからには電池調達先と良い関係を築いておかねばならないということでしょうが、1%の資本参加の意味が伝わってきません。来週、ホンダに行く予定があるので聞いてみます。
深圳上場しており時価総額7兆円、600億円積んでも1%。よりによってなぜ今なのか、EVバブル真っ盛りで三カ月前から2倍、半年前から3倍に跳ね上がって史上最高値の今すっ高値で買わなくても、という気は正直否めません。
先進的なリチウムイオン・バッテリーも争奪戦ですからね。1%の出資は「僕のことを忘れないでね」という感じかな。
リチウムイオン電池については中国メーカーにはどこもかないません。
その象徴が世界1位のCATLです。
この会社が設立からまだ9年しか経っていないことは驚きです。

中国企業には、国や省から莫大なお金が出ます。その金も使って、最新鋭の研究所や工場をつくり、優秀な中国人学生に破格の給料を払います。
日本の大企業がまともに戦って勝てる相手ではありません。

1%出資の意味は良く分かりませんが、CATLといい関係をつくっていくことは必要でしょうね。
系列関係は崩れる傾向だが、そのなかでも関係性確保のために出資は増えているのがグローバルな傾向に見える。
1%で形だけ。。。何をしたいのでしょう?

中国でも勢力図が時々刻々変化しつつあるのに、ムダ金では。。。

VWグループは、5月に第3位の合肥国軒高科動力能源(国軒高科)への追加投資を予告。26.47%を11億ユーロ(約1337億円)で追加取得して出資を75%まで高め、筆頭株主に。外資がマジョリティを握る初のケース。

メルセデス・ベンツは、第5位の孚能科技カン州有限公司(FarasisEnergy)へ9億元(約138億円)で3%出資。上海科創板に上場予定であり、キャピタルゲインも見込めるうえ、ザクセンアンハルト州のビターフェルトに環境に優しい新鋭工場を整備させ、現地で2000人以上を雇用と筋がとおっています。

中国の電池市場は、中国CATL、BYD、韓国サムスンSDI、LG化学、SKイノベーション、日本パナソニックがしのぎを削る日中韓「三国時代」。

さてさて、ホンダさんの1%がどう効くのかお手並み拝見でしょうね。
生き残るのはCATLとLG
本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
4.73 兆円

業績