新着Pick
1372Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マイルドな速読法ですね。テクノロジーを使った究極系は「Spritz」だと思います。視線の移動を避けるため、一定の場所に次々と単語を表示させるソリューションです。デモを見ると、なにを言ってるのかすぐおわかりいただけます。

https://gigazine.net/news/20140228-spritz/

速読は人気のテーマなので、プレジデント誌の仕事でいろいろと取材しました。私の結論は「速読できるものは限られている」です。書かれている内容が類推できる内容であれば、どんどん読み進められます。そうした文書は視線移動を避ければ、がんがんインプットできるでしょう。

ただ、そうした読書では思索は深まりません。知らない分野を理解するには、じっくりと考えながら読む必要があります。たとえば「将棋の定石」の解説書を飛ばし読みしても、まったく意味がありません。手順をひとつずつ確認しながら読まないと定石は頭に入りません。それと同じで、わからないままに速読しても意味がないのです。

たとえば「クイズの問題と解答をそのまま憶える」というインプットなら、速度は役立つでしょう。しかし、本当に役立つ知識は、速読では身につきません。教科書1冊を1年間かけて学ぶのはなぜか。残念ながら、魔法のようなソリューションはない、というのが私の結論です。
技術としての速読から入るよりも、知的欲求に突き動かされて、たくさんの本を読んだ結果、速読するかのように本を読んでいる。
そういう人が、周りの読書家には多い印象です。
「文字のベースラインを文節単位で段階的に下げ、」
については効果は存じ上げませんが、

「文節を分断しないよう改行位置を調整。」
についてはスライドを作るときにも気をつけたほうがいいポイントですね。これがちゃんと意識されているかどうかで強く印象が変わります。
(追記)やり方は下記をご覧ください。実際にChrome拡張機能を利用して、変換ができます。実際にやってみると面白いです。変換したいところを選択して右クリックするだけなので簡単にできました!
https://read-assist-dxn.web.app/

(オリジナル)え!これすごい発見ですね!読むスピードが早い方ではないので、文字のレイアウトを変えるだけで読む速度が2倍になったらめちゃくちゃ助かります。

「多様な情報機器で文章を読む機会が増えていることや、新型コロナウイルスの影響で自宅での読書や学習、テレワークなどが増えることで、文章を速くたくさん読みたい、というニーズが高まっていることをうけて開発された。」
これもテレワークの広がりから生まれた新たなニーズなのですね。興味深いです。
速読を身につけたいけどトレーニングが面倒でやってない私にはうってつけ。仕事のパワポにやワードの資料はこれで行け、
Kindleで買う縦書き書籍にも使えといいな。
情報を得る為、考え方を整理する為に読む記事には使いたいですね。

あと、星野さんの説明を読むと、このツールを使うと、読み易い記事の書き方の参考になりそうです。
早速使ってみたいと思います。
記憶媒体として、脳の他に、外部記憶装置で外部脳をつくり、ハイブリッドにするのと同じ話ですね。

このアルゴリズムは、速く読める人たちは、すでに脳に実装されていますが、そうでない人たちのために、外部ツールで速読支援のプリ処理を実施することで、通常の認識アルゴリズムでも速読に近いことが可能となるハイブリッド。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
速読出来る人(ブロックとして読める)からは読みにくい、といった評価もあるようです。垂直ではなく、斜めの視線移動が読みづらくしているのかも。

1行文庫というのもあるし、読み方にも色々と変化が出てきて面白い。
うーん、自分なら、「情報産業や」の前で改行します。
文節単位で改行し
行頭を順番に字下げしていくことで、
特別な訓練をしなくても
最大で1分1000文字程度までの
速読を実現しようと言うアイディア。

文章の構造の分析ですが、
これに意味の解析を加えると
眺めているようで頭に入ってくる、
みたいなレイアウトも実現できそうですね。

そもそもウェブでの執筆を出発点にしている私としては、読まれる環境に応じてレイアウトが変わること自体にはあまりこだわりがないです。なので、読む側の効率化については賛成。

その一方で、書籍やメールなど、レイアウトにこだわる場面も存在しているわけで、好み、慣れ、習慣、流派によって、あまりこうした技術が好きではない人がいたり、私自身も使いたくない場面が存在するだろうな、という印象。
日本ユニシス株式会社(にほんユニシス、英文社名:Nihon Unisys, Ltd.)は、ビジネスソリューションを提供するITサービス企業。また、グループ企業であるユニアデックスなどと、ICT(情報通信技術)サービスの提供や情報システム構築を行うシステムインテグレーターでもある。本店所在地は東京都江東区豊洲。 ウィキペディア
時価総額
3,443 億円

業績

大日本印刷株式会社(だいにっぽんいんさつ、英語: Dai Nippon Printing Co., Ltd.、略称DNP)は、世界最大規模の総合印刷会社。東京証券取引所一部上場。 ウィキペディア
時価総額
6,786 億円

業績