新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
5GにはNSA(ノンスタンドアローン)とSA(スタンドアローン)というモードがあり、前者は4Gからの移行期で4Gと5Gの機器が同時に動作するハイブリットタイプで、後者は5G機器単独で動作します。SAタイプへ移行は5年程度かかり、2025年頃実現するといわれています。

記事にあります、英国の場合、
4Gのシステムがファーウェイ機器が多いと想定されるので、接続性を考えると、他社の5G機材をすぐに導入するにはハードルが高いということでしょう。
逆に言うと、5Gを排除するには、今の4Gの機材もすぐに撤去しないといけなくなります。今から4G機器を投資する通信事業者は少ないでしょうね。
ケンブリッジ大学はHuaweiの資金を受け取ったり近くに研究施設を建てる動きも並行しています。政治で決めて経済と実際で覆らないようモニタリングは必要。
最近、米国と英国の考え方の類似性が目立ちます。

欧州地域でも英国だけは、文化が違います。そして、米国の起源は、そこからの移民です。

そういった歴史的、文化的背景を踏まえて、こういったことを見てみると、いろいろ見えてきますよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
先日下記が報じられていましたが、その続報のようです。
【英、5G通信網でのファーウェイ機器使用を段階的中止へ-テレグラフ】
https://newspicks.com/news/5043217
ファーウェイの機器を排除する期限を2025年に設定する見込みとのこと。